肌とアミノ酸の関係

うるおいに満ちた肌の鍵 アミノ酸のチカラ

肌の”見た目”を左右する仕組み

肌の見た目が老ける理由

肌が黄ばんで見えたり、硬くなる大きな原因、糖化・カルボニル化。
加齢による現象でもありますが、角質層の場合は、年齢よりも外的要因(紫外線・大気汚染・ストレスなど)
の影響が大きいといわれています。外部刺激を受けやすい敏感肌・乾燥肌は要注意です。

この糖化・カルボニル化が角質層のケラチン線維で起こると、乾燥の原因にも、見た目を老けさせる原因にもなります。 この糖化・カルボニル化が角質層のケラチン線維で起こると、乾燥の原因にも、見た目を老けさせる原因にもなります。

イラストで解説! 糖化・カルボニル化の仕組み イラストで解説! 糖化・カルボニル化の仕組み

ページTOPへ戻る