敏感肌の紫外線対策

ダメージを受けやすい肌に
重要なUV対策。
保湿とも密接な関係が。

UV CARE

敏感肌にはNGなケア

敏感肌にはNGなケア イメージ

乾燥した肌は、刺激に敏感です。ダメージを受けやすい肌には、はがすタイプのパックは禁物。マッサージは血行が良くなりますが、クリームや乳液を塗らずに直接こすると肌に摩擦を与えるため、とくに注意が必要です。普段使わない化粧品を試す時も、あらかじめ腕の内側の皮ふの弱い部分に少量を塗って様子を見るといいでしょう。よく使っている化粧品でも、体調がすぐれないときや肌が過敏なときは、ダメージを受けることもあります。そんな時は無理せず一旦使用を中止しましょう。

敏感肌にはNGなケア イメージ
敏感肌にはUV対策を イメージ

敏感肌にはUV対策を

一方で、ぜひ取り組んで欲しいのが、紫外線対策です。紫外線はしみ・そばかすを生みだし、たるみやシワを促進させます。さらに肌のうるおいも奪い去る、バリア機能を低下させる、敏感肌が悪化する可能性も。紫外線対策として、1年を通じて日やけ止めを使いましょう。敏感肌の方は紫外線吸収剤不使用のタイプのものがおすすめです。汗をかいてしまったり、長時間紫外線のもとにいるときは、こまめに塗りなおすことも重要です。
また、日やけ止めだけに頼らず、日傘をさしたり帽子を被ったりするなどの、ちょっとした心遣いも、強い陽ざしから繊細な肌を守るコツです。一つ一つの気配りが、すこやかな肌を育みます。

気になるポイントにアプローチ

3 lines to choose!

敏感肌のタイプやお悩みに合わせて
選べる3つのライン