敏感肌のしみリスク

敏感肌・乾燥肌は「しみ」ができやすい?

cause spots

外部刺激を受けやすい肌
=しみができやすい肌

外部刺激を受けやすい肌=しみができやすい肌 イメージ

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部刺激をより受けやすくなる(炎症がおこりやすくなる)ことが報告されています。紫外線などの外部刺激を受けることで、皮膚に炎症性サイトカインが生じ、メラノサイトが刺激を受け、メラニン色素が合成されます。このメラニン色素が肌に残った状態がしみです。
紫外線などの外部刺激を受けやすい敏感肌では、バリア機能をサポートする保湿だけでなく、抗炎症・メラニンの生成に着目した肌あれ・しみを防ぐケアが重要です。

外部刺激を受けやすい肌=しみができやすい肌 イメージ

しみ発生メカニズムと
必要なケア

メラニン色素が生成されるとターンオーバーが滞りがちになります。
(肌の新陳代謝が遅くなり、しみが居残っている状態)
メラニン色素が生成されるとターンオーバーが滞りがちになります。(肌の新陳代謝が遅くなり、しみが居残っている状態) メラニン色素が生成されるとターンオーバーが滞りがちになります。(肌の新陳代謝が遅くなり、しみが居残っている状態)

気になるポイントにアプローチ

3 lines to choose!

敏感肌のタイプやお悩みに合わせて
選べる3つのライン