USEFUL
病棟で役立つ

患者さんからのヒアリングのコツ

皮膚障害を早期発見するためには、観察だけではなく、患者さんの自覚症状にも注目する必要があります。痒み、痛みがないかどうかもヒアリングするようにしましょう。

ヒアリングイメージ

ヒアリングのポイント

  • 痒み、痛み、ひりひり感はないか
  • どの部位に痒み、痛みなどがあるか
  • 手足に灼熱感がないか
  • 爪の痛みはないか

抗がん剤の血管外漏出の観察

血管の弱い患者さんの場合、抗がん剤が血管外に漏れ出すこともあります。刺入部周囲の観察によって、血管外漏出を未然に防ぎ、早期発見することも大切になります。

刺入部周囲の観察ポイント

  • 刺入部周辺に紅斑がないか
  • 疼痛がないか
  • 腫れていないか
  • 発熱はないか
  • 索状物を触知しないか
サイトへのご意見サイトへのご意見