白菜と小松菜の煮浸し

白菜と小松菜の煮浸し
「風邪の対策・予防」のレシピ

小松菜の持つビタミンAの効力が、皮膚や粘膜の機能を健やかに保ちます。また白菜には豊富にビタミンCが含まれるので免疫力アップにもつながり、風邪の予防になります。

白菜と小松菜の煮浸し
  • ジャンル

    和食

  • 調理方法

    煮る

  • 調理時間

    20~30分

おすすめ!ワンポイント

煮浸しは煮た後、煮汁のまま冷まして浸すのが基本ですが、あまり長時間煮ない素材に至っては、サッと短時間で煮て、そのまま粗熱を取るくらいでいただくのも美味しいものです。

材料(4人分)

白菜 200g
小松菜 1束
ひらてん(平てんぷら) 2枚
(煮汁)
・だし汁 カップ2
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ2
・しょうゆ 大さじ2
・塩 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1/2

調理方法

(1)白菜は芯の部分と葉の部分に分けます。芯の部分は縦に1㎝幅に切ります。葉は一口大に切ります。ひらてんは食べやすい大きさの拍子木切りにします。
(2)小松菜はたっぷりの熱湯でサッとゆで、ザルに取り、そのまま冷やします。冷めたら水気をしっかりきって、5㎝長さに切ります。ボウルに煮汁の調味料を合わせておきます。
(3)鍋にサラダ油を熱します。ひらてんをサッと炒めます。白菜の芯の部分を加えて炒めます。煮汁を入れます。サッと煮て、白菜の葉の部分、小松菜を加えます。そのままひと煮立ちさせ火をとめて10分おいておきます。
(4)食べる直前にサッと温め、器に盛りつけます。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    107 kcal

  • タンパク質

    5.2 g

  • 脂質

    2.5 g

  • 炭水化物

    13.9 g

  • カルシウム

    148 mg

  • リン

    89 mg

  • 2.3 mg

  • ナトリウム

    919 mg

  • カリウム

    535 mg

  • マグネシウム

    26 mg

  • 亜鉛

    0.4 mg

  • 0.08 mg

  • ビタミンA

    170 μg

  • ビタミンE

    1 mg

  • ビタミンD

    0.2 μg

  • ビタミンB1

    0.1 mg

  • ビタミンB2

    0.14 mg

  • ナイアシン

    2 mg

  • ビタミンC

    34 mg

  • コレステロール

    5 mg

  • 塩分

    2.3 g

  • 水分

    235.6 g

  • 灰分

    3.7 g

  • レチノール

    0 μg

  • カロテン

    2023 μg

  • 食物繊維

    1.8 g

  • マンガン

    0.16 mg

  • ビタミンK

    163 μg

  • ビタミンB6

    0.15 mg

  • ビタミンB12

    0.6 μg

  • 葉酸

    104 μg

  • パントテン酸

    0.41 mg

  • 飽和脂肪酸

    0.24 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    1.09 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    0.79 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ