胃もたれの原因

どうして症状が起こるの?

胃もたれとは、胃が重く感じる症状のこと。主に、胃の運動や消化する力が弱まることが原因で起こります。

胃の働き=リズミカルに動いて食べたものをドロドロに

胃の主な働きは、食べ物が腸で本格的に消化・吸収される前の、準備的な消化を行うことです。また、食べ物をいったんためておき、腸での消化の進み具合に合わせて少しずつ送り出す役割があります。
胃の入り口には「噴門」、出口には「幽門」という2つの門があります。噴門は、食べ物が来たときだけすばやく開き、胃の内容物が食道側に逆流しないようになっています。
食べ物は、胃のリズミカルな動きによって胃液と混ざり、消化しやすいように小さく粉砕されます。ドロドロになった食べ物は、ぜん動運動(=胃がくびれること)によって、幽門から少しずつ次の十二指腸に運ばれていきます。

胃の構造

胃の運動と消化する力が低下して胃もたれが起こる

胃の運動は、自律神経によってコントロールされています。しかし、何らかの要因で運動機能がうまく働かないと、胃の中の食べ物がなかなか十二指腸に送られず、胃に長時間留まることによって胃がもたれます。
胃もたれを起こす要因としては次のようなことが考えられます。

胃もたれはなぜ起こる?

胃もたれを起こす要因

食べ過ぎ、油もののとり過ぎ
食べ物には、消化しやすい食べ物と消化しにくい食べ物があります。肉類や揚げ物など、脂肪分の多いものは消化に時間がかかり、胃にかかる負担も大きくなるため、胃もたれが起こりやすくなります。
体質や加齢による胃の働きの低下
胃は主にぜん動運動によって食べ物を消化し、十二指腸に送り出します。ところが、この働きが弱くなると食べ物の消化に時間がかかり、長く胃に留まることになるため、胃もたれが起こりやすくなります。
ストレス
ストレスによって、胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスが乱れると、食べ物を消化したり、次の器官である十二指腸に送り出す働きが弱まり、胃もたれの原因になります。

症状はあるのに異常が見つからない「機能性ディスペプシア」とは?

胃もたれや胃痛など、胃に慢性的な不快症状があるにもかかわらず、内視鏡などで検査をしても異常が見つからない状態を「機能性ディスペプシア」といいます。
原因は、胃がうまく働かない運動機能障害や、胃が刺激に対して敏感に反応する知覚過敏などが主といわれていますが、ほかに、ストレスやピロリ菌への感染などが原因となることも。症状は、胃もたれのほか、胃の痛み、腹部膨満感、胸やけなどがみられることもあります。

胃の運動機能障害

胃もたれ対策をサポート

第一三共胃腸薬

総合胃腸薬

TOPへ