レバー豆みそ 生野菜添え

レバー豆みそ 生野菜添え
「肩こり」対策のレシピ

貧血が冷え性の原因になっていることもあります。鉄分はビタミンCと同時に摂取すると吸収されやすくなるので、レバーと野菜の組み合わせは効果的です。

レバー豆みそ 生野菜添え
  • ジャンル

    和食

  • 調理方法

    炒める

  • 調理時間

    20~30分

おすすめ!ワンポイント

レバーを選ぶときは、つやがよくハリがあるものを選びましょう。鮮度が落ちると、食感が悪く苦手な人にとってはレバー特有のにおいが強く感じられるようになります。

材料(4人分)

鶏レバー 120g
大豆水煮 150g
長ねぎ(みじん切り) 5cm
ごま油 大さじ1
(A)
・みそ 大さじ2・1/2
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ3
・生姜汁 小さじ1
セロリ 1本
大根 200g
サラダ菜 4~6枚

調理方法

(1)レバーは10分ほど水に浸して、血抜きをし、1.5~2cm角に切ります。
(2)鍋にごま油を熱してレバーを炒め、表面の色が変わったら、長ねぎのみじん切り、(A)、大豆水煮を加え、汁気がなくなるまで炒り煮します。
(3)セロリ、大根は、レバー豆みそをのせて食べられるように平らな棒状に切ります。
(4)(2)に野菜を添えて盛り付け、レバー豆みそをのせたり、包んだりして食べます。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    207 kcal

  • タンパク質

    14.5 g

  • 脂質

    8.1 g

  • 炭水化物

    16 g

  • カルシウム

    181 mg

  • リン

    218 mg

  • 5.8 mg

  • ナトリウム

    592 mg

  • カリウム

    645 mg

  • マグネシウム

    70 mg

  • 亜鉛

    2.1 mg

  • 0.27 mg

  • ビタミンA

    4390 μg

  • ビタミンE

    2.6 mg

  • ビタミンD

    0.1 μg

  • ビタミンB1

    0.26 mg

  • ビタミンB2

    0.69 mg

  • ナイアシン

    2 mg

  • ビタミンC

    35 mg

  • コレステロール

    111 mg

  • 塩分

    1.5 g

  • 水分

    132.9 g

  • 灰分

    3.8 g

  • レチノール

    4200 μg

  • カロテン

    2260 μg

  • 食物繊維

    5.6 g

  • マンガン

    0.31 mg

  • ビタミンK

    159 μg

  • ビタミンB6

    0.36 mg

  • ビタミンB12

    13.3 μg

  • 葉酸

    496 μg

  • パントテン酸

    3.33 mg

  • 飽和脂肪酸

    1.24 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    2.03 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    3.7 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ