グレープフルーツゼリー

グレープフルーツゼリー
「痔の時」対策のレシピ

グレープフルーツの酸味の成分であるクエン酸。血流の改善に役立つだけでなく、細胞や血管を傷つける活性酸素の害から体を守る抗酸化力もあります。

グレープフルーツゼリー
  • ジャンル

    洋食

  • 調理方法

    その他

  • 調理時間

    60分以上

材料(16カット分(8人分))

グレープフルーツ 2個
(ゼリー液(a))
・粉ゼラチン 大さじ2と1/2
・水 75ml
・グレープフルーツの絞り汁+水 2カップ
・グラニュー糖 65g
・コアントロー酒 適量
(ゼリー液(b))
・粉ゼラチン 大さじ1
・水 50ml
・豆乳 1カップ
・グラニュー糖 30g
・コアントロー酒 適量
ミントの葉 4枚

調理方法

(1)粉ゼラチンは分量の水でもどしておきます。
(2)グレープフルーツは横半分に切って、汁気を絞って漉しておきます。
(3)皮はきれいにスプーンの先を使って掃除しておきケースとします。冷蔵庫でよく冷やしておきます。
(4)鍋にグレープフルーツの果汁を入れ、水を足して2カップとします。グラニュー糖を加えて中火にかけます。
(5)砂糖が溶けたら火からおろし、もどしたゼラチンを加えます。
(6)ゼラチンが溶けたら鍋ごと氷水につけ、底からゴムべらで混ぜながら粗熱をとります。コアントロー酒を加えて混ぜます。ぜりー液(a)となります。
(7)ゼリー液(b)も同様に作ります。先のケースにゼリー液(a)を八分目入れ、冷蔵庫で冷やしかためます。ゼリー液(b)を上に流し入れ、さらに冷蔵庫で冷やしかためます。
(8)包丁を熱湯で熱し、四等分に切ります。器に盛りつけ、ミントの葉を飾ります。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    109 kcal

  • タンパク質

    5.1 g

  • 脂質

    0.6 g

  • 炭水化物

    21.5 g

  • カルシウム

    16 mg

  • リン

    26 mg

  • 0.4 mg

  • ナトリウム

    12 mg

  • カリウム

    180 mg

  • マグネシウム

    14 mg

  • 亜鉛

    0.1 mg

  • 0.06 mg

  • ビタミンA

    0 μg

  • ビタミンE

    0.3 mg

  • ビタミンD

    0 μg

  • ビタミンB1

    0.06 mg

  • ビタミンB2

    0.03 mg

  • ナイアシン

    0.4 mg

  • ビタミンC

    32 mg

  • コレステロール

    0 mg

  • 塩分

    0 g

  • 水分

    101 g

  • 灰分

    0.5 g

  • レチノール

    0 μg

  • カロテン

    0 μg

  • 食物繊維

    0.4 g

  • マンガン

    0.07 mg

  • ビタミンK

    1 μg

  • ビタミンB6

    0.05 mg

  • ビタミンB12

    0 μg

  • 葉酸

    19 μg

  • パントテン酸

    0.37 mg

  • 飽和脂肪酸

    0.09 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    0.1 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    0.25 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ