さんまとごぼうの梅干煮

さんまとごぼうの梅干煮
「アレルギー対策」のレシピ

さんまにはビタミン類、カルシウムなどミネラルが豊富。その中でも神経の働きを安定させるビタミンB12が多く、イライラの解消も期待できそうです。

さんまとごぼうの梅干煮
  • ジャンル

    和食

  • 調理方法

    煮る

  • 調理時間

    30分~60分

材料(4人分)

さんま 4尾
ごぼう 1本
梅干 大2コ
しょうが 1/2片
〈調味料〉
・水 1カップ
・しょうゆ 大さじ5
・酒 大さじ5
・砂糖 小さじ2

調理方法

(1)さんまは頭、内臓をとって水洗いし、水気を拭き取り2~3つに切り分けます。
(2)ごぼうはたわしでこすって皮を落とし、斜め薄切りにして水にさらします。しょうがは薄切りにします。梅干は種を抜いて、細かくちぎっておきます。
(3)圧力鍋に水・しょうゆ・酒・砂糖を入れ、煮立てます。(2)のごぼうを敷き、その上に(1)のさんまを並べ、(2)の梅干・しょうがを散らします。
(4)(3)をフタをして火にかけ、蒸気が出てきたら弱火にし、10分加圧して5分蒸らします。
(5)(4)の蒸気をしっかり抜いてからフタをとり、煮汁をかけながら煮詰めます。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    326 kcal

  • タンパク質

    18 g

  • 脂質

    20.8 g

  • 炭水化物

    10.1 g

  • カルシウム

    52 mg

  • リン

    210 mg

  • 1.8 mg

  • ナトリウム

    1920 mg

  • カリウム

    384 mg

  • マグネシウム

    57 mg

  • 亜鉛

    1.1 mg

  • 0.17 mg

  • ビタミンA

    11 μg

  • ビタミンE

    1.3 mg

  • ビタミンD

    16.1 μg

  • ビタミンB1

    0.04 mg

  • ビタミンB2

    0.27 mg

  • ナイアシン

    6.4 mg

  • ビタミンC

    1 mg

  • コレステロール

    56 mg

  • 塩分

    4.8 g

  • 水分

    157.5 g

  • 灰分

    5.9 g

  • レチノール

    11 μg

  • カロテン

    5 μg

  • 食物繊維

    2 g

  • マンガン

    0.19 mg

  • ビタミンK

    0 μg

  • ビタミンB6

    0.52 mg

  • ビタミンB12

    15 μg

  • 葉酸

    42 μg

  • パントテン酸

    0.87 mg

  • 飽和脂肪酸

    3.57 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    8.82 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    3.87 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ