カリフォルニア風押し寿司

カリフォルニア風押し寿司
「胃の不調」対策のレシピ

パントテン酸は自然界では広く分布しているので、通常の生活で不足することはありませんが、不規則な生活が続くと足らなくなり、ストレスに対抗できなくなります。アボカドでたっぷり摂りましょう。

カリフォルニア風押し寿司
  • ジャンル

    その他

  • 調理方法

    煮る,揚げる,炊く

  • 調理時間

    30分~60分

材料(4人分)

〈寿司飯〉
・米 3カップ
・水 3カップ
・昆布 1枚(長さ15cm)
・砂糖 大さじ4
・塩 小さじ 1・1/2
・フルーツ酢 100cc
・白ワイン 50cc
〈カニの押し寿司〉
・カニ肉 120g
・アボカド 2個
・酢 大さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・パイナップル 40g
・レモン 1/4個
〈ウナギの押し寿司〉
・ウナギ(たれ焼き) 80g
・きゅうり 10cm分
・しょうが 20g
〈貝柱の押し寿司〉
・貝柱 50g
・イタリアンパセリ 少々
・アスパラガス 少々
・ナチュラルチーズ 30g
・パルメザンチーズ 大さじ1/2
・卵 1個
・小麦粉 適量
・水 適量

調理方法

<寿司飯をつくります>
(1)水、白ワイン、昆布で米を炊く。
(2)酢、砂糖、塩を一煮立ちさせ、冷ました後、炊きあがったご飯にかけ、木べらで下からすくうように混ぜ粗熱を取る。
<カニの押し寿司をつくります>
(3)パイナップルとアボカドは1cm角に切り、レモン汁をかけておく。
(4)パイナップルを寿司飯と混ぜ合わせる。
(5)酢と砂糖を混ぜ、カニ肉と和える。
(6)パイナップル、アボカド、カニの順にセルクルに入れる。
<ウナギの押し寿司をつくります>
(7)しょうがは細く切って寿司飯に混ぜる。きゅうりは千切り、うなぎは細切りにする。
(8)寿司飯、きゅうり、うなぎの順にセルクルに入れる。
<貝柱の押し寿司をつくります>
(9)寿司飯に粗みじんに切ったナチュラルチーズを混ぜる。
(10)アスパラガスを茹で、横長に切る。
(11)ボウルにパルメザンチーズと小麦粉を入れ、冷水を入れて軽く混ぜる。そこに粗みじんに切った貝柱とパセリをくぐらせて揚げる。
(12)(9)~(11)の順にセルクルに入れる。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    782 kcal

  • タンパク質

    24.7 g

  • 脂質

    22.7 g

  • 炭水化物

    114.6 g

  • カルシウム

    186 mg

  • リン

    392 mg

  • 2.3 mg

  • ナトリウム

    1166 mg

  • カリウム

    931 mg

  • マグネシウム

    84 mg

  • 亜鉛

    4.4 mg

  • 0.66 mg

  • ビタミンA

    347 μg

  • ビタミンE

    4.5 mg

  • ビタミンD

    4 μg

  • ビタミンB1

    0.42 mg

  • ビタミンB2

    0.62 mg

  • ナイアシン

    6.5 mg

  • ビタミンC

    17 mg

  • コレステロール

    123 mg

  • 塩分

    2.9 g

  • 水分

    341.9 g

  • 灰分

    5.5 g

  • レチノール

    334 μg

  • カロテン

    138 μg

  • 食物繊維

    4.8 g

  • マンガン

    1.42 mg

  • ビタミンK

    9 μg

  • ビタミンB6

    0.49 mg

  • ビタミンB12

    2.3 μg

  • 葉酸

    106 μg

  • パントテン酸

    2.78 mg

  • 飽和脂肪酸

    5.6 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    10.94 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    2.92 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ