梅物相寿司・2種

梅物相寿司・2種
「胃の不調」対策のレシピ

食物繊維の多い食材は、細かく切ると胃の負担を減らすことができます。梅干は、そのまま食べると塩分も多く酸味もきついので、少しだけ調理に使い、そのクエン酸で食欲をアップしましょう。

梅物相寿司・2種
  • ジャンル

    和食

  • 調理方法

    煮る,炊く,ゆでる

  • 調理時間

    60分以上

材料(4人分)

すしめし
・米 3合
・酒 大さじ1・1/2
・昆布だし汁 約630ml
合わせ酢
・酢 70ml
・砂糖 25g
・塩 小さじ1・1/2
・うま味調味料 少々
梅干し(大) 2コ
白ゴマ 大さじ2
大葉青ジソ 10枚
卵 1コ
・酢 少々
・砂糖 少々
干しシイタケ 3枚
・もどし汁 150ml
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1・1/2
れんこん 100g
甘酢
・酢 100ml
・砂糖 大さじ4
ミツバ 1/2束
きゅうり 1/2本
イクラ 大さじ2

調理方法

(1)米は洗って水気を切り、炊飯器のかまに入れ、酒を加え昆布だし汁で水加減して、約30分間浸漬させ炊きます。
(2)合わせ酢の調味料は早めに合わせ、半分ずつに分けておきます。
(3)梅干しは種を取って裏ごしし、(2)の半量に加えます。
(4)(1)の半量に(3)を木じゃくしに受けながら、全体にかけ、合わせ酢が全体になじむように混ぜ、ピンク色にします。
(5)残りの(1)に、残りの(2)を、(4)と同様にして混ぜ合わせます。
(6)(4)・(5)はウチワであおいで冷まし、ツヤを出します。
(7)白ゴマは炒って粗みじんに切り、大葉青ジソはせん切りにします。
(8)卵はゆでて黄身を取り出し、酢・砂糖を合わせて炒ります。
(9)干しシイタケはもどして、もどし汁・砂糖・しょうゆでうま煮にし、水気を切ってみじん切りにします。
(10)れんこんはイチョウ切りにし、サッとゆでて甘酢に漬け、ミツバは2cm長さに切ります。
(11)きゅうりは薄い輪切りにします。
(12)(4)のすしめしには(7)を混ぜ、物相型で抜き、(8)を飾ります。
(13)(5)のすしめしには(9)・(10)を混ぜ、物相型で抜き、(11)とイクラを飾ります。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    611 kcal

  • タンパク質

    13.9 g

  • 脂質

    5.9 g

  • 炭水化物

    120.8 g

  • カルシウム

    107 mg

  • リン

    262 mg

  • 2.3 mg

  • ナトリウム

    2256 mg

  • カリウム

    694 mg

  • マグネシウム

    82 mg

  • 亜鉛

    2.5 mg

  • 0.46 mg

  • ビタミンA

    101 μg

  • ビタミンE

    1.4 mg

  • ビタミンD

    4.2 μg

  • ビタミンB1

    0.23 mg

  • ビタミンB2

    0.2 mg

  • ナイアシン

    2.6 mg

  • ビタミンC

    16 mg

  • コレステロール

    85 mg

  • 塩分

    5.8 g

  • 水分

    323.6 g

  • 灰分

    7.9 g

  • レチノール

    43 μg

  • カロテン

    693 μg

  • 食物繊維

    3.1 g

  • マンガン

    1.37 mg

  • ビタミンK

    48 μg

  • ビタミンB6

    0.26 mg

  • ビタミンB12

    4.2 μg

  • 葉酸

    58 μg

  • パントテン酸

    1.87 mg

  • 飽和脂肪酸

    1.18 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    1.81 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    1.98 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ