close

肝斑かんぱんとは

治りにくいとされるしみの一種です。
原因や治療法などは、ほかのしみとは異なる特徴があります。

症状(見た目の特徴・形状)

両ほほ骨に沿って
モヤッと現れることが多いしみ

肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。

原因

紫外線だけでなく、女性ホルモンも
関係しているといわれる

肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできることもあり、女性ホルモンとのかかわりが指摘されています。また、精神的なストレスによってホルモンバランスがくずれることが影響する場合もある他、過度のマッサージ等、物理的な刺激でも悪化する場合も。

治療法

飲み薬によって改善できるしみ、
それが肝斑

肝斑の治療法にはトラネキサム酸の服用が効果的です。そのトラネキサム酸が主成分のトランシーノIIは、肝斑に対する効能効果が認められた、OTC医薬品です。服用のめやすは8週間(2カ月)。1回2錠、1日2回の服用を4週間(1カ月)続け、少しでも効果を確認できたら、さらに4週間(1カ月)続けることで高い改善効果が得られます。

予防法

再発や症状悪化の予防には、
紫外線対策が不可欠

女性ホルモンなど、体の内面からの原因による所が大きい肝斑ですが、紫外線により濃くなることもある為、紫外線対策は万全にする必要があります。また、なるべくストレスのない生活を送ることが大切です。

そのほかのしみとの複合

しみには種類があり、種類の異なる
しみが同時に発生している場合も

しみには種類があります。しみの種類によって対処法も異なります。しかし、しみができるのは1種類とは限りません。たとえば、薄く広がる肝斑に、日光黒子(老人性色素斑)やソバカスなどのほかのしみが重なっていることもあります。また、濃いしみの下に、薄く広がる肝斑が重なって気づかないこともあります。治療を始めても、なかなか改善がみられないとしたら、できているしみの種類を再確認することも大切です。

どのような方に多い

多くは30~40歳代の方

加齢とともに増えていくしみが多い中、肝斑は、ほとんどが30~40歳代。アンケートでは、しみに悩む20~59歳女性の約3人に1人が、肝斑と疑われるしみを持っているという結果も出ています。症状が見られるのはだいたい50歳代後半まで。その後、閉経とともに薄くなったり、消えたりする傾向にあるといわれています。高齢者ではほとんど肝斑は発症しないといわれています。

  • 第一三共ヘルスケア調べ n=1,039人

「肝斑」のケアなら

体の内側から
8週間で肝斑に効く

TRANSINO

トランシーノ®


1回2錠 1日2回

more

あなたのしみ、肝斑?
トランシーノⅡで改善できるしみ?