サステナビリティ

将来世代の環境と
生命にやさしい社会のために

第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの一員として「世界中の人々の健康と豊かな生活へ貢献する」という存在意義(パーパス)を果たすとともに、生活者のヘルスケアパートナーとして、生活者のQOL向上に欠かせない環境課題・社会課題に取り組み、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。

最新の活動レポート

廃棄ロス削減に向けた取り組みを開始

2021年4月7日

アスクル株式会社が運営する通販サイト「LOHACO」内にある商品の廃棄ロス削減を目的とした「Go Ethical」にて、当社の通常販売が終了した良品の取り扱いを本年4月7日(水)に開始します。

詳しく見る

  • サステナビリティの考え方 サステナビリティの考え方

    サステナビリティの考え方

    サステナビリティに対する第一三共グループの考え方とともに、グループ内でも、より生活者の日常生活に接する企業となる第一三共ヘルスケア独自の考え方やSDGsへの取り組みについてご説明します。

  • 環境のためにできること 環境のためにできること

    環境のためにできること

    第一三共グループの環境経営のあり方と当社の果たす役割、及び事業を通じた環境のための具体的な取り組み内容についてご紹介します。

  • 社会のためにできること 社会のためにできること

    社会のためにできること

    広く社会や生活者に向けた社会貢献の一環として、当社が取り組むさまざまな活動についてご紹介します。

サステナビリティ推進体制

第一三共ヘルスケアでは、各部門からプロジェクトメンバーを選出し、
「全社視点」と「現場視点」を併せ持ったサステナビリティ活動を推進しています。

詳しく見る