胃痛の予防

胃痛を予防するには?

胃痛を予防するポイントは、規則正しい生活を心がけること。ストレスをためない、日ごろから食事に気をつける、飲酒喫煙習慣を見直すことが大切です。
胃はとてもデリケートな器官です。精神的ストレスがあると自律神経に影響して、胃酸を過剰に分泌させるほか、ホルモンの分泌に影響を与えたり、胃粘膜の分泌量を減らしたりします。

正しいライフスタイルがストレスから胃を守る

ストレスをためず、なるべくリラックス

ストレスは胃の大敵。思い当たる原因がある場合は、まずは改善を心がけましょう。
十分な睡眠、適度な運動など、規則正しくメリハリのある生活をおくりましょう。生活習慣が知らず知らずのうちにストレスの原因になっていることもあります。

ストレスと潰瘍の関係

胃にやさしい食生活を心がけましょう

規則正しい食生活を行い、肉類や揚げ物など脂肪の多いもの、アルコール、コーヒー、刺激物などの摂り過ぎに注意しましょう。

毎日3食なるべく規則正しく食べる
胃が痛いからと朝食を抜いたり、忙しいからと昼食を抜いたりするのはNG。食事を抜くと、胃が空っぽになる時間が長く、胃が荒れる原因に。また、夜寝る直前や深夜の食事も胃に負担をかけます。1日3食、なるべく同じ時間帯に食べましょう。
消化の良いものをよくかんで、ゆっくり食べて
油っこい食べ物は消化に時間がかかり、胃への負担も増します。なるべく消化の良いものを摂るようにし、やわらかく煮込むなど、食べ方も工夫しましょう。急いで食べると満腹感を得る前に食べ過ぎてしまうため、ゆっくり食べることも大切です。よくかむことは消化の助けにもなります。
暴飲暴食を避け、腹八分目の「ほどほど」に
食べ過ぎ、飲み過ぎは胃に大きな負担をかけます。苦しくなるほど食べることはやめ、腹八分目の「ほどほど」に留めましょう。
お酒の飲み過ぎは避けて
お酒の飲み過ぎは、アルコールが胃の粘膜を刺激したり、胃酸の分泌を促したりするため胃痛の原因になることも。空腹のときに飲んだり、強いお酒をストレートで飲むこともよくありません。
刺激物は控え目に
香辛料を多く使った辛い料理、味の濃すぎる料理、炭酸飲料、コーヒーなどの刺激物は、胃の粘膜を刺激したり、胃酸の分泌を促すのでなるべく控えましょう。極端に熱いもの、冷たいものも胃に負担をかけます。
かぜ薬や解熱鎮痛薬などを空腹時に服用するのは避けましょう。
かぜ薬や解熱鎮痛薬などに含まれる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)により胃粘膜が荒れることもあります。このように別の症状を改善するための薬の影響で胃症状が起こる場合もあるので用法用量を守りましょう。

胃にやさしい生活

胃痛・胃もたれ
対策をサポート

ガスター10

H2ブロッカー胃腸薬

第一三共胃腸薬

制酸系胃腸薬

センロック

制酸系胃腸薬

TOPへ