胃痛の対策

胃痛が起こったらどうする?

症状が軽く、食事やストレスなど原因が自身でわかっているときはセルフケアが可能です。胃痛の主な原因は「胃酸の過剰分泌」と「胃粘膜を守る力の低下」で、胃腸薬には原因に合わせて胃酸の分泌を調整するものや胃粘膜を守るもの、消化を助けるものなどがあります。原因や症状に応じてくすりを選ぶことが大切です。迷ったら、対処法を薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

医療機関での受診をおすすめする場合と、セルフケアできる場合

医療機関での受診をおすすめする場合

症状が重い、何日も続く、OTC医薬品を飲んでも改善しないなどの場合は、医師の診察を受けましょう。

  • 早朝、空腹時に起こる場合は十二指腸潰瘍、食後に痛む場合は胃潰瘍の可能性が考えられます。OTC医薬品を飲んでも改善しないときや、痛みが強い場合は受診しましょう。
  • みぞおちの痛みは、虫垂炎や膵炎(すいえん)、がんなどのサインであるおそれもあります。痛みがだんだん右下方に移動する、激痛や嘔吐、発熱を伴う場合は受診を。
  • 慢性的に胃痛が続く場合、ピロリ菌が原因であることも考えられるため、受診して、医師に相談することをおすすめします。

セルフケアできる場合

食べ過ぎ飲み過ぎ、刺激の強いものを食べた、風邪薬や解熱鎮痛薬などに含まれる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)で胃粘膜が荒れたなど、原因がわかっていて症状が軽い場合は、セルフケアで様子をみましょう。

胃腸薬を使う場合は症状に合ったものを選んで

胃痛のときには胃酸から胃を守る薬を

胃の薬には、胃酸の分泌を調節するもの、胃のぜん動運動を調節するもの、食べ物の消化を助けるもの、胃の粘膜を保護するものなど、さまざまな種類があります。胃酸の分泌を抑えるものに対し促すものがあるなど、逆の働きを持つ薬もあるので、種類や使い方を間違えると、あまり効果がみられないことがあります。原因や症状に合った薬を使うことが大切です。
胃が痛いときは、胃酸の出すぎが原因であることも考えられるので、胃酸から胃を守る(胃酸の出すぎを抑える)薬、胃を保護し、調子を整える薬を選びましょう。

胃痛のときに選ぶ薬のタイプ

ヒスタミンの働きをブロックして胃酸の出すぎを防ぐH2ブロッカー

胃酸の分泌は、胃の粘膜の壁細胞膜上にあるヒスタミン、アセチルコリン、ガストリンの各受容体が刺激を受けることにより起こりますが、中でも最も強い命令を出すのがH2(ヒスタミン)受容体です。ヒスタミンの刺激をブロックすれば、胃の粘膜を攻撃する胃酸の過剰な分泌を抑えることが可能です。H2ブロッカーは、ヒスタミンの代わりにH2受容体と結合して、ヒスタミンの刺激をブロックするので、胃酸を出すスイッチが入らず、胃酸の分泌を抑制することができるしくみの薬です。
胃や十二指腸潰瘍の治療においては、胃酸をいかに抑えるかが課題とされ、制酸剤などで一時的に中和しても高い効果を得られませんでしたが、1970年代にH2ブロッカーが登場してから、治療は大きく進歩しました。

H2ブロッカーのはたらき

くすりの選び方と注意点

主に胃痛で使われるくすりの種類

くすりの種類 こんな症状に ポイント
胃酸分泌抑制薬
(H2ブロッカーなど)
胃痛、胸やけ、胃もたれ、むかつきなど 胃酸の過剰な分泌を抑えることで、胃の粘膜が傷つくことを防ぐ。ファモチジン、ラニチジン、シメチジン、ニザチジン、ロキサチジンなどがある。効果は長時間続く。
制酸剤 胸やけ、胃のむかつきなど 過剰な胃酸を中和する。炭酸水素ナトリウム(重曹)や合成ヒドロタルサイト、沈降炭酸カルシウムなどがある。効果は一時的。
胃粘膜保護剤 胃痛、胃酸過多など 胃粘膜の修復を助け、胃酸やペプシンの攻撃を抑える。成分としてセトラキサートや銅クロロフィリンナトリウムなどがある。カンゾウ末などの生薬も、胃粘膜の荒れを修復し、消化吸収を助ける。
鎮痛鎮痙剤
(抗コリン薬)
胃痛、胃酸過多など 副交感神経に作用し、胃腸の過度な運動や緊張を緩め、痛みを和らげる。ロートエキスなどがある。

その他、胃痛のセルフケア

ストレスや食事など、原因がわかっている場合は、まずはしばらく肉類や揚げ物など脂肪の多いもの、アルコール、コーヒー、刺激物などは控えましょう。
ストレスをためず、なるべくリラックスして過ごすこと、十分な睡眠、適度な運動、規則的な生活を心がけることも大切です。

胃痛・胃もたれ
対策をサポート

ガスター10

H2ブロッカー胃腸薬

第一三共胃腸薬

制酸系胃腸薬

センロック

制酸系胃腸薬

TOPへ