胃痛の原因

どうして症状が起こるの?

胃痛は、主にストレスや暴飲暴食などによって胃酸分泌の亢進、胃粘膜防御機能低下により胃の粘膜が損傷することで起こります。毎日の生活習慣が要因となることの多い身近な症状ですが、胃炎や胃潰瘍につながったり、ほかの病気が隠れていることもあるので、原因を正しく知っておきましょう。

胃痛の主な要因はストレスや食事

精神的なストレス、刺激の強い食べ物や飲み物の摂り過ぎは、胃痛を引き起こす主な要因になります。胃の中を検査すると胃炎や胃潰瘍など痛みの原因となる病気がみつかる場合もありますが、特に原因がなくても痛みが生じる場合があります。

ストレス:胃酸分泌亢進と胃粘膜防御機能のバランスを乱す

ストレスは胃痛を引き起こす主な要因です。精神的なストレスがあると、胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスが崩れ、さらに胃粘膜防御機能が低下し、胃酸が胃粘膜を刺激することで痛みを生じます。胃の状態としては、胃粘膜が傷つき、炎症や潰瘍(粘膜が深くえぐられた状態)ができやすくなるので注意が必要です。

食事:飲食物や嗜好品で胃粘膜が傷つくこともある

辛い料理などを食べ過ぎたり、アルコールやコーヒーを飲み過ぎたりすると、胃粘膜が直接刺激されて傷つきやすくなります。喫煙も、胃粘膜への血流を低下させ、胃粘膜防御機能を弱めます。

原因となる病態不明の場合も

胃の中を検査すると胃炎や胃潰瘍などの病態がなくても痛みが生じる場合があります。
さまざまな要因が絡み合って起こるといわれ、現在でも増えている疾患です。

(コラム1)ピロリ菌

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者の多くから、ピロリ菌(正式名称:ヘリコバクター・ピロリ)が確認されています。ピロリ菌は、毒素やアンモニアを発生し、それにより胃粘膜を傷つけます。さらに、潰瘍の再発や胃がんとの因果関係が指摘されており、検査で感染が確認された人には除菌治療が推奨されています。

胃痛は、"攻撃"と"守り"のバランスが崩れると起こる

胃液の成分=胃酸、ペプシン、胃粘液

胃液は99%が水分ですが、「胃酸」「ペプシン」「胃粘液」という3種類の成分が含まれており、胃の働きに大きく関わっています。
胃酸は、金属も溶かすほどの強力な酸(pH1~2)で、食べ物を消化すると同時に、食べ物と一緒に侵入した細菌のほとんどを殺菌します。ペプシンはタンパク質を分解する消化酵素です。
胃粘液は、胃の粘膜を覆って、胃酸やペプシンからの刺激を防いだり、胃自体が消化されてしまわないように守っています。

胃の"攻撃"と"守り"のバランスの崩れ

正常時、胃酸と胃粘液の分泌量は自律神経の働きでバランスが保たれています。しかし、ストレスや食事などの要因により胃酸分泌が促進されたり、胃粘液の分泌が減ったりするとバランスが崩れ、胃粘膜が胃酸の刺激を受けることになります。
ほかにアルコール、タバコ、かぜ薬などもバランスを崩す要因とされています。

胃痛の原因

発生する症状と時期は?

胃痛は、みぞおちの痛みのほか、腹部膨満(ぼうまん)感、吐き気(悪心〔おしん〕)、嘔吐、胸やけ、食欲不振などの症状をともなうこともあります。
症状により、食後に痛む場合と、空腹時や夜間に痛む場合があるといわれています。

(コラム2)最近増えている胃食道逆流症

胃の内容物が食道や口腔内に逆流する「胃食道逆流症」では、胸やけ(胸骨の下からみぞおちにかけて焼けるようなヒリヒリ感)や呑酸(苦味を伴う酸っぱい味覚)などの症状がみられます。

胃痛・胃もたれ
対策をサポート

ガスター10

H2ブロッカー胃腸薬

第一三共胃腸薬

制酸系胃腸薬

センロック

制酸系胃腸薬

TOPへ