胃痛の原因

どうして症状が起こるの?

胃の痛みは、主に多く出すぎた胃酸が胃の粘膜を傷つけることで起こります。ストレスや食生活が胃酸過多の原因になることが多く、症状が進むと胃炎や胃潰瘍などの病気になることもあります。

胃の働き=リズミカルに動いて食べたものをドロドロに

胃の主な働きは、食べ物が腸で本格的に消化・吸収される前の、準備的な消化を行うことです。また、食べ物をいったんためておき、腸での消化の進み具合に合わせて少しずつ送り出す役割があります。
胃の入り口には「噴門」、出口には「幽門」という2つの門があります。噴門は、食べ物が来たときだけすばやく開き、胃の内容物が食道側に逆流しないようになっています。
食べ物は、胃のリズミカルな動きによって胃液と混ざり、消化しやすいように小さく粉砕されます。ドロドロになった食べ物は、ぜん動運動(=胃がくびれること)によって、幽門から少しずつ次の十二指腸に運ばれていきます。

胃の構造

胃液の成分=溶かす胃酸、分解するペプシン、守る粘液

胃液は1日に約2リットルも分泌されており、次のような成分が含まれています。

胃酸
金属も溶かすほどの強力な酸(pH1~2)で、胃粘膜にある「壁細胞」から分泌されます。胃酸は強い酸で食べ物を消化すると同時に、食べ物と一緒に侵入した細菌のほとんどを殺菌します。
ペプシン
タンパク質を分解する消化酵素です。主に胃粘膜にある「主細胞」から分泌されます。
粘液
胃の粘膜が胃酸やペプシンにより自身が消化されてしまわないように、胃粘膜の「副細胞」「粘膜上皮細胞」から粘液が分泌されて、胃の粘膜を薄い膜で覆っています。

胃液の成分

胃酸は次の3つの物質の指令により、壁細胞から分泌されることがわかっています。

アセチルコリン
おいしそうなにおいをかいだときなどに、脳の指令で副交感神経を通じて分泌される。
ガストリン
食べ物が胃に入ると分泌される。
ヒスタミン
何も食べていないときや夜間などでも、常に必要な量の胃酸が分泌されるようにコントロールする。

胃酸分泌のしくみ

またヒスタミンは、アセチルコリンやガストリンから刺激を受けることでも胃酸を分泌するため、胃酸分泌量のほとんどに関与していると考えられています。

胃痛はなぜ起こる?=攻撃と守りのバランスが崩れて粘膜が荒れる

通常は、胃酸と胃粘液の量はバランスが保たれていますが、何らかの要因で胃酸が出すぎると、胃粘液が防御しきれなくなり、粘液の層が壊れたところから胃粘膜が傷つけられてしまいます。また、何らかの要因で胃粘液の量が減っても、防御力が弱まって胃の粘膜が荒れてしまいます。つまり、胃酸と胃粘液のバランスの崩れによって、シクシク、ズキズキという痛みが起こるのです。

例えば、ストレスによって自律神経のバランスが崩れると胃酸の分泌が増えます。一方、たばこには血管を収縮させる作用があるため、胃への血流が不足し、胃粘膜の働きや防御力を低下させることに。いずれも胃酸と胃粘液の量のバランスを崩す原因となります。

また、胃酸と胃粘液のバランスの崩れ以外には胃壁の筋層が緊張することで起こる胃けいれんによって、差し込むような強い痛みが起こることもあります。胃けいれんは、胃炎や胃潰瘍などの病気が原因となることもありますが、ストレスや緊張によって起こることもあります。

  • 風邪薬や解熱鎮痛薬などに含まれる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の副作用で胃が痛くなることがあります。

胃痛の原因

症状が進むと胃炎や胃潰瘍などの病気になることも

胃酸の分泌が過剰になり、胃の粘膜が傷ついた状態が長く続くと、胃の粘膜が炎症を起こす「胃炎」や、胃の粘膜に潰瘍ができる「胃潰瘍」になることもあります。これらの病気はピロリ菌などの細菌に感染して起こることもあります。

(コラム)胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌って?

ピロリ菌(正式名称 ヘリコバクター・ピロリ)とは、胃の粘膜に定着(感染)する細菌で、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の原因になるといわれています。1983年にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルによって発見され、両者は2005年にノーベル生理学賞、医学賞を受賞しました。
それまで、胃の中は強い酸性のため、細菌は生息できないと考えられてきましたが、ピロリ菌は粘液中の尿素を分解し、自らの周囲の胃酸を中和することで胃の中に定着しています。
ピロリ菌の出す毒素やアンモニアが胃粘膜の表面の細胞を破壊し、胃酸から胃の粘膜を守る力を弱めることが胃痛の原因になることもあります。

胃痛・胃もたれ
対策をサポート

ガスター10

H2ブロッカー胃腸薬

第一三共胃腸薬

制酸系胃腸薬

センロック

制酸系胃腸薬

TOPへ