なるほど!痛みの話

[症状を知ろう 生理痛] なぜ起こる?どうすれば治る?生理痛のヒミツ 「痛い」「つらい」生理痛は何故起こる?生理痛のメカニズム 「生理日も笑顔で過ごすために」

[症状を知ろう 生理痛] なぜ起こる?どうすれば治る?生理痛のヒミツ 「痛い」「つらい」生理痛は何故起こる?生理痛のメカニズム 「生理日も笑顔で過ごすために」

私の生理痛が重い理由【その1】

子宮の伸縮だけじゃない!

月経の少し前から月経前半にかけて、子宮内膜の中ではプロスタグランジンという物質ができます。これが子宮の収縮を促し、はがれ落ちた子宮内膜を体外に押し出す役目をするのですが、このとき、子宮の収縮が強くなると、生理痛の症状として、下腹部が痛くなったり、腰がだるくなったりします。ただこれだけなら、そう深刻になるほどの強い痛みはないものです。
しかし、月経時に、子宮内膜の一部がはがれ落ちずに子宮内にたまり、それが蓄積されると子宮内膜が厚くなり、生理痛がひどくなってしまいます。また、子宮が未熟なうち(主に10代)は子宮の出口が狭く、はがれ落ちた子宮内膜がうまく体外に出ず、うっ血が起き、下腹部が痛くなることもあります。

私の生理痛が重い理由【その2】

血行不良や冷えが原因になることも

下半身の冷えも骨盤内の血行を悪くし、生理痛をひどくします。
長時間のデスクワーク、ガードルやジーンズでのからだの締め付けも血行不良につながり、最終的には生理痛につながります。
とはいえ生理は女性にとって大切なもの。無理なダイエットでからだが冷えやすくなると生理不順になったり、からだを守るために脳がホルモン分泌をストップさせて無月経になるケースもあるので、生理痛以上に注意が必要です。
また、女性のからだは非常にデリケートで、ストレスを受けてしまうと、生理痛がひどくなったり、月経不順になりやすく、10代後半〜20代前半くらいの若い年代は、ストレスが月経に影響を及ぼすケースが高いとされています。

血行不良や冷えが原因になることも 血行不良や冷えが原因になることも

私の生理痛が重い理由【その3】

PMSや病気からくる痛みにも注意して

20代後半〜30代くらいでは、生理痛だけでなく、PMS(Premenstrual Syndrome)の症状を実感する人も多いようです。

PMSとは

月経前症候群のことで、月経が始まる10〜2日前くらいから始まり、月経の開始とほぼ同時に終わります。

たとえば、乳房の張りや痛み、のぼせ、頭痛、からだのむくみ、便秘、イライラ、眠気、不眠、気分の落ち込みなどで、このとき同時におなかの張りや下腹部痛を感じる人も多くいます。
他には、排卵痛を訴える人もいます。排卵時、卵巣皮膜が破れて卵子が飛び出すのですが、このときに痛みを感じることがあります。生理痛は、さほど感じないけれど、毎月、激しい排卵痛におそわれるという人もいます。
そして、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気がもとになって起こる生理痛もあります。生理痛以外でも、クラミジアや大腸菌の感染により子宮内に炎症が起こっておなかが痛くなることもあります。

監修/ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック理事長 対馬ルリ子先生

なるほど!痛みの話 トップへ戻るなるほど!痛みの話 トップへ戻る