胃もたれの対策

胃もたれになったらどうする?

症状が軽く、食べ過ぎなど原因がわかっている場合は、OTC医薬品によるセルフケアでの緩和が期待できます。胃腸薬には「出すぎた胃酸から胃を守るタイプ」や「胃の運動機能を活発にするタイプ」「消化を助けるタイプ」などがあり、胃の状態に合わせた胃腸薬を正しく選ぶことが大切です。

医療機関での受診をおすすめする場合と、セルフケアできる場合

医療機関での受診をおすすめする場合

症状が重い、何日も続く、腹痛や発熱をともなう、OTC医薬品を飲んでも改善しないなどの場合は、医師の診察を受けましょう。

  • 腹痛や貧血、体重減少をともなう場合は胃がんのおそれもあるため受診しましょう。
  • 慢性的に胃もたれが続く場合、ピロリ菌が原因であることも考えられるため、受診して医師に相談することをおすすめします。
  • 風邪薬や解熱鎮痛薬などに含まれる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)により胃粘膜が荒れることもあります。服用している人は留意しましょう。

セルフケアできる場合

食べ過ぎや飲み過ぎ、脂っこいものや刺激の強いものを食べたなど、原因がわかっていて症状が軽い場合は、セルフケアで様子をみましょう。

胃腸薬を使う場合は症状に合ったものを選んで

胃の働きが低下して起こる胃もたれには胃の働きを促進する薬を

胃腸薬には、出すぎた胃酸から胃を守るタイプと、胃の働きを活発にするタイプがあり、薬の選び方を間違えると、症状を和らげる効果があまりみられないことがあります。胃の運動機能が低下することで起こる胃もたれには、後者である胃の働きを促進させる薬を選ぶことが必要です。胃のぜん動運動を活発にするなど、胃の機能を調整、改善する健胃剤や消化機能調整剤などを使用します。

消化が進まない胃もたれには消化酵素剤

食べ過ぎなど一時的な症状で消化が進まず、胃がもたれている場合には「消化酵素剤」を選びましょう。消化酵素が胃の中に留まっている炭水化物や脂肪を分解し、消化吸収を助けてくれます。
本来、消化酵素は胃酸に弱いものですが、でんぷんを分解する消化酵素剤タカヂアスターゼなどは胃酸の影響を受けにくい性質のため、酸性が強い胃の中でも働くことができます。

胃もたれのときに選ぶ薬のタイプ

くすりの選び方と注意点

胃もたれで使われるくすりの種類

くすりの種類 こんな症状に ポイント
健胃剤 胃もたれ、食欲不振、胃部・腹部膨満感など ショウキョウやウイキョウ、ケイヒなどの生薬成分が胃の機能を活発にする。日ごろ食欲がないときに有効。
消化機能調整剤 胃もたれ、腹部膨満感、胃痛、むかつきなど 胃の運動機能を調整、改善するトリメブチンマレイン酸塩、胃の運動や脂質代謝を助けるカルニチン塩化物などがある。
消化酵素剤 食べ過ぎ、消化不良、胃もたれなど でんぷんを分解するタカヂアスターゼやビオヂアスターゼ、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素が消化吸収を促進する。
整腸剤 腹部膨満感、整腸、軟便、便秘、胃もたれなど 乳酸菌、ビフィズス菌や納豆菌など。腸内で乳酸菌などの善玉菌を増やし、有害な菌(悪玉菌)の増殖を抑えて腸内環境を整える。

(コラム)タカヂアスターゼの「タカ」って何のこと?~高峰譲吉~

タカヂアスターゼは、1894(明治27)年に日本人化学者、高峰譲吉によって発見された消化酵素です。ドイツ語で酵素を意味するジアスターゼに高峰の「タカ」をつけて名づけられました。
1854(安政元)年加賀藩の御典医の家に生まれた高峰譲吉は、優れた化学者・発明家であるとともに成功した実業家でもあり、実は1913(大正2)年に設立された三共株式会社の初代社長なのです。

農商務省に入省し、麹の改良に取り組むようになった高峰は、1890(明治23)年、発酵力の高い「高峰式元麹改良法」の特許を申請して渡米しました。1894(明治27)年、麹菌からでんぷんを分解する消化酵素を発見。その消化酵素剤「タカヂアスターゼ」は胃腸薬として世界的な成功を得ました。通常、消化酵素は胃酸の影響を受けやすいのですが、タカヂアスターゼは胃酸の影響をあまり受けずに働くという利点があります。現在も、タカヂアスターゼは第一三共胃腸薬に配合されており、100年以上にわたって私たちの消化機能を助けてくれています。

胃もたれ対策をサポート

第一三共胃腸薬

総合胃腸薬

TOPへ