働く環境

第一三共ヘルスケアでは、職場の一人ひとりが、お互いの個性を尊重しあい、男女がともに働きやすい職場づくりの整備に取り組んでいます。人生の各ステージにおいて、ワーク(仕事)とライフ(仕事以外の生活)のバランスの取り方は変化していきます。特に女性社員は、妊娠・出産によりそのバランスが一時的に大きく変化するケースが多いと思われます。第一三共ヘルスケアでは、社員の「仕事と育児の両立」を積極的に支援することで、多様な社員が働き続けられる職場環境を提供していきます。

社員と会社の相互の成長

第一三共グループは、「人」を最重要な「資産」であると位置付け、コア・バリューとして掲げるInnovation, Integrity, Accountabilityを通じて、長期的な成長を実現します。

基本的な考え方

第一三共グループが最も大切にする価値観である「コア・バリュー」を体現し、社内外に対する「コミットメント」を果たすよう社員一人ひとりがやりがいを持って日々努力することが、企業理念の実現およびビジョンを達成するための最大の推進力と考えています。
第一三共グループは、「第一三共人材マネジメント理念」に、Innovation, Integrity, Accountabilityを共有する社員を世界中のどこにあっても公正に処遇し、育成し、能力発揮を支援することを定めています。同時に、社員には企業理念実現への努力や倫理・規範の遵守を求めています。
第一三共グループのグローバルな事業活動のスピードと質を高めるためには、地域間の密接な連携・協働が必要です。国や地域をまたいだ人材交流を通じて、社員が異なる文化や考え方に触れ、多様性を尊重する環境を整えることで、グローバルな事業展開を促進しています。Innovation, Integrity, Accountabilityを通じて、長期的な成長を実現します。

第一三共人材マネジメント理念

取り組みの方向性

・要員戦略に基づく競争力の高い人材の育成・創出
・ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進による組織の創造性増大と成果の拡大
・コア・バリューを基軸とした企業文化・組織風土の醸成