プレコール

> 製品情報

製品情報

プレコール持続性カプセル

朝・夜服用 1日2回持続性

つらいのどの痛み、発熱、鼻水、せきに2種類の顆粒が時間差で溶け、
朝飲めば夜まで、夜飲めば朝まで優れた効果が持続!
忙しいあなたにもおすすめの持続性タイプのかぜ薬です。

ズバッとズーッとのメカニズムとは?

ポイント1

胃で溶ける速攻粒と腸で溶ける
持続粒
時間差で効き目を長く維持!

プレコール持続性カプセルは、服用後、胃ですぐに溶けて効く速攻粒と、腸で後から溶けて効いてくる持続粒を同時配合していますので、1日2回の服用で朝飲めば夜まで、夜飲めば朝まで効果が持続します。
※1 速溶性顆粒 ※2 遅溶性顆粒

ズバッと!速攻粒(速溶性顆粒)効き目がズーッと!持続粒(遅溶性顆粒)すぐに溶けて効く 時間差で溶けて効く 7:00なんかだるいなプレコール飲んでおこう 12:00ん?まだ効いてる気がするぞ 17:00忙しくて薬を飲むヒマもなかったけど大丈夫だった! 22:00夕方に飲んだから朝方まで安心だなあ 持続性タイプは1日2回でOK! ※イメージ

ポイント2

服用時の効果は1日3回タイプと変わらず、
しかも効果が長時間持続!

プレコール持続性カプセルは、薬効成分が素早く効果を発揮し、しかも長時間持続するので、1日3回服用タイプの総合感冒薬と比べても変わらない効き目が持続します。忙しく、服用するタイミングがなかなか取れない方におすすめです!

成分の濃度が素早く血中で立ち上がり、
そのまま長時間、効果が持続します。

[イソプロピルアンチピリン] (n=6)のグラフ [アセトアミノフェン] (n=6)のグラフ

製品一覧