湯船につかることが、乾燥の原因になっていませんか?|ミノン(MINON)

お風呂あがりの肌が乾燥しやすい方は、いつもの入浴方法を見直してみましょう。

長時間の入浴が、乾燥の原因になることがあります。

いつも、何気なく入っているお風呂。お湯につかると血行が良くなったり、身体が温まって疲れが取れたり、リラックスできたりと、お風呂でゆったりと過ごすことは、心身に良い効果をもたらすものです。
一方で実は、デリケートな肌状態の時や、乾燥してうるおいを保つバリア機能が低下しがちな時には、熱いお湯に長時間つかると、乾燥の原因になることもあります。
正しい入浴方法を知ることで、入浴時間をより効果的にすることができます。

湯船につかるメリット・デメリットについて

メリット
  • 血行が良くなる
  • リラックス効果がある
  • 皮膚の汚れや角質が落としやすくなる
  • 硬くなった角質がやわらかくなることにより、保湿成分が浸透しやすくなる
デメリット
  • 熱いお湯につかり過ぎる(長湯が過ぎる)と皮脂膜を溶かし、角質層内の保湿成分が流出してしまい乾燥の原因になる
  • 血行が良くなることで、かゆみが増す

入浴時のデメリットを回避するには?

  • 38℃~40℃くらいの低めの温度に設定する。
  • 大人の場合は身体が温まるまでお湯につかることを優先しつつ、肌のコンディションで自分にあった入浴時間を見極める。(※ただし、赤ちゃんは5分以内にとどめる)
  • 硫黄など一部の温泉成分にはお肌の乾燥を促す作用があるので、入浴後の保湿ケアも忘れずに。

こんな方は、保湿入浴剤を取り入れてみましょう

入浴後、すぐに自分のボディケアができないママ世代に
慌ててボディクリームを塗っていた方にこそオススメ
保湿剤を塗っているけれど乾燥しやすい方に
温浴効果で保湿成分が角質層に浸透しやすい入浴時間の有効活用がオススメ
小さいお子さまに入浴剤を使っていいのか判断に迷っている方にご自身で保湿剤を塗ることが大変になってきたにシニア世代の乾燥対策に
「何もしない」を回避する為に、保湿ケアにもなる入浴剤のご使用がオススメ

※乾燥が続く場合は、ボディクリームなど保湿剤と併用してください

ミノン薬用保湿入浴剤 しっしん・肌あれ対策ができる保湿入浴剤 まるでお湯に溶けるクリームのようなうるおいで、しっとり肌へ