English简体中文繁體中文

シミのお手入れポイント 〜毎日の生活習慣もポイント〜

6つのポイント

肝斑(かんぱん)の再発やシミを防ぐポイントは以下の通りです

1

紫外線に注意して生活する習慣を。

紫外線の強い春〜夏は日傘(色の濃いものの方が紫外線をブロックする力は強いです)や帽子、サングラスをぜひ使いましょう。

2

過度のマッサージは控えましょう。ゴシゴシ洗顔も禁物。

また、お肌の気になったところを触るクセはありませんか?触っている刺激で、シミの種類によっては濃くなることも。人気のマッサージローラーも、血液・リンパの流れを良くするなど正しい使い方で効果が期待できますが、肝斑が気になる方は肌への刺激が肝斑の発症原因にもなり得るので使い方には気をつけて。ほほの周りや皮膚の薄い部分への過度な刺激は避けましょう。

3

ストレスを貯めない。

ストレスは美肌に限らず美容全体に悪影響を与えがちですが、肝斑の場合は特に女性ホルモンのバランスを崩すことにより肝斑を悪化発症させる影響が示唆されています。

4

お肌によいビタミンを取り入れる。

ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6などを食事に積極的に取り入れましょう。

5

規則正しい生活と十分な睡眠。

忙しい中でもできるだけ心がけましょう。
理想的には、22時、遅くとも24時には寝るようにしましょう。

6

紫外線・美白対策を。

紫外線によるお肌ダメージケアに、「トランシーノ ホワイトC」「トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズ」がおすすめです。毎日のお肌ケアで、メラニンの生成を抑制しましょう。

トップへ戻る