English简体中文繁體中文

トランシーノIIの成分について

トランシーノIIの主成分は、トラネキサム酸。ほかに、L-システイン、ビタミンCなどを配合しました。

トラネキサム酸、L-システイン、ビタミンC

トランシーノIIの主成分は、トラネキサム酸

トランシーノIIは、主成分としてトラネキサム酸を配合した、肝斑を改善する効果が認められたOTC医薬品です。

さらにL-システイン、ビタミンCを合わせて配合

さらに、シミを緩和するL-システイン、ビタミンCも合わせて配合。
トラネキサム酸とこれらの成分は、表皮の中のメラノサイト(色素細胞)がシミのもととなるメラニンを作り出す過程において、さまざまな作用ではたらきかけ、メラニン生成をブロックし、肝斑を改善します。

トラネキサム酸

トランシーノIIの主成分 かんぱん(肝斑)を改善するトラネキサム酸

トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持つ成分で、肝斑の改善過程に際し、とても重要な役割を果たしていると考えられています。
女性ホルモンや紫外線など皮膚の内外でさまざまな刺激を受けることによって、メラノサイト活性化因子がメラノサイト(色素細胞)に作用し、メラニンの産生を促すために肝斑が発症すると考えられています。プラスミンはメラノサイト活性化因子の一つと考えられていますが、このはたらきをブロックするのがトラネキサム酸です。この阻害作用によって、メラニンを作り出す前の段階でメラノサイト(色素細胞)の活性化を阻害し、肝斑の発生を抑えることができると考えられます。

トラネキサム酸の作用
  • プラスミン(メラノサイト活性化因子)の阻害作用=抗プラスミン作用

トラネキサム酸について

L-システイン

メラノサイト(色素細胞)の中でメラニンがつくられる、最も初期の段階には、チロシナーゼという酵素が欠かせません。
このチロシナーゼの作用を抑えるのがL-システインです。L-システインは、ほかにチロシナーゼ自体の生成を阻害したり、皮膚の新陳代謝を促進しターンオーバーを活発にすることで、メラニンの排出を促したりします。

L-システインの作用
  • チロシナーゼ活性阻害作用
  • チロシナーゼ生成阻害作用
  • 皮膚の新陳代謝促進作用

ビタミンC

ビタミンCは、メラノサイト(色素細胞)がメラニンを作りだす過程で、複数の段階にはたらきかけ、メラニンの産生量を抑えます。ひとつはL-システイン同様、メラニン産生の初期にチロシナーゼの活性を阻害。また、メラニンを生成する過程で発生するドーパを還元する作用もあります。さらに、すでに蓄積されてしまったメラニンに直接作用し、還元するはたらきも持っています。

ビタミンCの作用
  • チロシナーゼ活性阻害作用
  • ドーパキノンのドーパへの還元作用
  • メラニンの直接還元作用

肝斑にしっかりはたらきかけるトランシーノIIの作用メカニズム

皮膚の構造

皮膚の構造

皮膚の構造は、一番外側の表皮と、その下の真皮、皮下組織の三層からなります。このうち、シミができるのは表皮の部分です。

表皮

メラノサイトで過剰につくられたメラニンがケラチノサイトに滞留すると色素が沈着しシミになります。

皮膚の構造は、一番外側の表皮と、その下の真皮、皮下組織の三層からなります。シミの一種である肝斑は、表皮の中(メラノサイト)でメラニンが過剰につくられ、細胞(ケラチノサイト)にたまることで発症します。そうした肝斑を改善するには、トラネキサム酸をはじめとしたトランシーノIIの各成分が、表皮のターンオーバーによって細胞が生まれ変わる間に、シミのもとをブロックして、メラニンの生成を抑え、新たなシミができないようにします。

シミのメカニズムと肝斑の秘密

メカニズムをもっと知りたい方へ

  • シミができるしくみ

    肝斑はシミの一種。女性ホルモンや紫外線などの刺激誘引物質に影響を受けます。

  • トランシーノIIが肝斑に効くしくみ

    トラネキサム酸をはじめとしたトランシーノIIの各成分が、肝斑発症のカギとなるメラノサイトにしっかりはたらきかけます。

トップへ戻る