English简体中文繁體中文

データで見るトランシーノIIの効果 ~「肝斑」に対して高い効果を確認~

1日2回、8週間(2カ月)の服用で、「肝斑」に対して高い効果を確認できました。

トランシーノII 評価時期別色素沈着改善度(スキントーンカラースケール判定)

トランシーノII 評価時期別色素沈着改善度(スキントーンカラースケール判定)

上のグラフはスキントーン・カラースケール判定における色素沈着改善度の改善率です。
評価時期別色素沈着改善度は、2週後、4週後、6週後、8週後での改善率(やや改善以上)29.5%、62.6%、73.7%、85.2%と推移しました。また、著明改善例及び改善例も2週後から確認でき、8週後まで経時的に上昇しました。

※改善率 =(著明改善例数 + 改善例数 + やや改善例数)/ 合計

スキントーン・カラースケールとは

色素沈着改善度 判定基準
投与前後の差 改善度
1.0以上 著明改善
0.75 改善
0.5 やや改善
-0.25~0.25 不変
-0.25未満 悪化

スキントーン・カラースケールの明度です。

肝斑部位の明度が8週間で有意に改善

トランシーノII 画像診断(V値)結果

トランシーノII 画像診断(V値)結果

RSA-100(ロボスキンアナライザー)により、指定部位の明度(V値)を、トランシーノII投与開始前と投与終了後(投与8週後)を比較した結果、投与開始前と比較して肌の明度が有意に上昇しました。

※初回撮影時に担当医よりマーキングされた肝斑部位の最も色が濃い領域。

自覚症状の改善が確認されました。

投与終了後(投与8週後)の自覚症状改善度(FAS解析)

投与終了後(投与8週間後)の自覚症状改善度(FAS解析)

70%以上の方が「しみが目立たなくなった」、「肌の感じが明るくなった」とお答えになりました。

※そう思う+ややそう思う

安全性 副作用発現率は5.2%(6/115例)、8件(胃腸障害5件、腹痛1件、臨床検査値異常2件)でした。いずれも軽度であり、重篤なものは認められませんでした。

<承認申請時添付データ>

8週間の服用お休み期間には

トランシーノIIは8週間の継続服用で高い効果が期待できます。
8週間の服用が達成できたら、一旦服用をお休みしましょう。

服用休止期間もしみ・そばかすが気になる場合は、紫外線対策や美白スキンケア・ビタミンC、Eの摂取でお肌のケアを続けましょう。この期間の紫外線によるしみ・そばかす対策には内服薬のトランシーノ ホワイトC、スキンケアにはしみ・そばかすを予防するトランシーノ薬用ホワイトニングシリーズがおすすめです。

肝斑のための 8週間プログラム

トップへ戻る