どうしてのどの痛みや腫れが起こるの?

のど(喉)の痛み・
腫れのメカニズム

1

ウイルス等の感染などにより、
細胞が破壊される。
のどの痛みと腫れの「もと」、
プラスミンが発生する。

イメージ図

2

患部で増えたプラスミンが、
炎症や痛みを引き起こす
物質を誘発させる。
同時に血管を拡張する。

イメージ図

3

患部が炎症を起こし、
腫れ・痛み・赤み・熱感などの
症状が起きる。

イメージ図

治療のポイント

「のどの痛み・腫れ」は、ウイルスの感染やのどの乾燥、のどへの刺激によって起こります。症状を改善するためには、原因となる「炎症」を鎮めることがポイントです。

どんなふうに効くの?

のど(喉)の炎症に効く、
トラネキサム酸の働き

1

トラネキサム酸は、炎症部位の
プラスミンの産生・増加を抑え、
炎症や痛みを起こす物質の発生を
抑える。

イメージ図

2

トラネキサム酸の作用により、
炎症が抑えられることで、
のどの痛み・腫れが改善する。

イメージ図

トラネキサム酸のはなし

トラネキサム酸は第一三共が開発した抗炎症成分。医療用で1965年に発売されて以来、50年以上にわたる実績があり、今では医薬品だけでなく、美白化粧品等にも広く使用されています。

ペラックT錠の「T」は、トラネキサム酸(Tranexamic acid)の頭文字に由来しています。

トラネキサム酸を配合した
「ペラックT錠」の臨床試験データ

臨床データで実証されている有効性と安全性。

有効性有効性

ペラックT錠は、やや有効以上で
92.2%の高い有効率を示しました。

中~軽度の症状を有する扁桃炎、咽喉頭炎、口内炎の患者17施設167名を対象。

出典:承認申請時添付データ

安全性安全性

ペラックT錠は、95.3%の
高い安全性を示しました。

副作用は評価対象172例中、8例(4.7%)認められました。主な副作用は鼻汁の増強、胃のもたれ、胃の重い感じ、下痢、胸やけ、食欲増進、頻尿等で、いずれも軽度で特に問題ありませんでした。

出典:承認申請時添付データ

症状別有効性症状別有効性

  • やや有効以上が100%となった症状を除く
  • 効能効果の範囲外症状を除く。

出典:承認申請時添付データ

トラネキサム酸を配合した「ぺラックT錠」なら

炎症を鎮め、
のどの痛み・腫れに
優れた効果を
発揮します。