ミノンボディケアシリーズ
CMギャラリー

MINON TOP > ミノンボディケアシリーズ CMギャラリー

戦前から街のお風呂屋さんとして親しまれてきた美濃湯。
高度経済成長期に公害などで肌荒れ人口が急増し、
お湯や石けん、タオルにこだわる、
肌にやさしい、街にやさしい銭湯です。

そんな美濃湯を長く続けてきた祖父母が
高齢により銭湯を閉めようとしましたが、若い2人が継ぐことを決意。
新しい「みのん湯」として続けていくことに。

  • 「二人のこれから」篇
    15秒
  • 「小さな常連さん」
    15秒
陸田 敏也 28歳(トシ)

陸田 敏也 28歳
(トシ)

陸田 あき子 28歳(アキ)

陸田 あき子 28歳
(アキ)

小学校の同級生。
同窓会での再会をきっかけに
お付き合いし、結婚。
夫のトシも子どもの頃から
美濃湯によく行っていた。
2人とも肌が弱いこともあり、
肌と街にやさしい銭湯として「美濃湯」を
受け継いだ。

メイキング・撮影エピソード

メイキング

「二人のこれから」篇 撮影エピソード

新しい物語の舞台は、老舗銭湯「みのん湯」。祖父母から銭湯を継いだ若い二人の物語です。やさしいピンク色のタイルで飾られた浴場に、おそろいのエプロン姿で登場した岸井さんと小関さん。ミノンらしい世界観と、二人の柔らかい雰囲気に包まれながら撮影がスタートしました。銭湯を継ぐ主人公たちの想いを表情豊かに演じられた二人。まるで映画のはじまりを予感させるようなCMに仕上がりました。最後のシーンでふざけあう二人の可愛らしい表情にもご注目ください。

「二人のこれから」篇 撮影エピソード1
「二人のこれから」篇 撮影エピソード2

「小さな常連さん」篇 撮影エピソード

みのん湯にやってきた小さな常連さん。塗るミノンを自慢する男の子と二人とのやりとりにほっこりするCMになりました。撮影の合間も、元気いっぱいの男の子とおしゃべりする岸井さんと小関さん。三人の会話に癒されながら撮影が進んでいきました。また、岸井さんが座っている番台には、楽しい仕掛けがいっぱい。イラスト入りの手書きメッセージや、可愛らしいお風呂カード、飴やアヒルのおもちゃ。アキとトシのあたたかな人柄が小物ひとつひとつに描かれています。

「小さな常連さん」篇 撮影エピソード1
「小さな常連さん」篇 撮影エピソード2

出演者プロフィール

岸井ゆきの
岸井ゆきの

1992年生まれ、神奈川県出身。

2009年デビュー。主な出演作に映画『ピンクとグレー』(2016年)、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など。
ドラマではNHK連続テレビ小説「まんぷく」、「浦安鉄筋家族」(TX)「私たちはどうかしている」に出演している。
2019年、映画『愛がなんだ』で第11回TAMA映画祭最優秀新進女優賞並びに、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

小関裕太
小関裕太

1995年6月8日生まれ、東京都出身。

NHK「天才てれびくんMAX」のテレビ戦士として子役としての俳優として活躍した後、様々な舞台、ドラマ、映画などで活躍。
近年の主な出演作は、連続テレビ小説「半分、青い。」(18)、ドラマ「来世ではちゃんとします」(20)、映画「シグナル100」(20)等。
10月16日には映画「みをつくし料理帖」が公開される。

監 督

タナダユキ

1975 年生まれ、福岡県出身。映画監督。

初監督作『モル』で PFF アワード 2001 グランプリとブリリアント賞の 2 冠受賞。『百万円と苦虫女』(2008)でウディネ・ファーイースト映画祭 My Movies Audience Award、日本映画監督協会新人賞受賞。『四十九日のレシピ』(2013)で中国金鶏百花映画祭国際映画部門監督賞受賞。amazonプライム配信ドラマ『東京女子図鑑』で第 33 回 ATP 賞テレビグランプリ特別賞。福島中央テレビ放送のドラマ『タチアオイの咲く頃に』で日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞。その他の映画作品に『ふがいない僕は空を見た』(2012)、『ロマンス』(2015)、映画『お父さんと伊藤さん』等。小説に『ロマンスドール』、『復讐』等。新作映画「ロマンスドール」(高橋一生・蒼井優出演/原作・脚本・監督)が、2020年1月24日公開予定。

ミノンTVCM