紫外線対策の
悩みがある方に

MINON TOP > 肌悩み・タイプ別保湿ケア > 紫外線対策の悩みがある方に

敏感肌だからこそしっかり選びたい日焼け止め。
高い効果感だけでなく、肌へのやさしさや、使いやすさにもこだわりたい。

しみ・そばかすを生みだし、
たるみやシワを促進させる紫外線。
紫外線はしっかりとカットしたいけれど、
肌に合った日焼け止めを探す必要も。
また、皮ふが薄くデリケートなお子様の
紫外線対策も重要です。
下を向いて砂場遊びをしたり、
肌を露出して水遊びをするなど、
紫外線の影響を受けやすいタイミングには要注意。

Q紫外線対策は
1年中するべき?

A

紫外線は年中降り注いでいるため、1年を通じて行いましょう。汗をかいてしまったり、長時間たったときは、こまめに塗りなおすことも重要です。
また、日傘をさしたり帽子をかぶるなど、強い日差しから繊細な肌を守るのもポイント。

Q紫外線対策は
家の中でも必要?

A

「紫外線対策が必要なのは外出時だけ」と思いがちですが、窓ガラスを通過して屋内に侵入する紫外線もあります。屋内の紫外線対策に関心をもつ方も多くいますが、あまり実施できていないのが現状です。
イエナカでも紫外線対策を取り入れましょう。

Q日焼け止めの
落とし方は?

A

日焼け止めをしっかり洗い流さないのも肌トラブルの原因となる場合があります。
顔はメイク落としなどで、からだは全身洗浄料などでていねいに洗ってください。お子様は、全身洗浄料などをタオルに含ませて、ていねいになじませ、やさしく洗ってください。