季節に反応しやすい
敏感肌の方に

MINON TOP > 肌悩み・タイプ別保湿ケア > 季節に反応しやすい敏感肌の方に

「ミノンボディケアシリーズ」は季節の変わり目、
夏や秋冬に乾燥などによる肌トラブルを起こしやすい方におすすめです。

季節に反応しやすい敏感肌の方は、肌あれを防ぐ
薬用処方の「ミノン全身シャンプー・ミノン全身保湿剤」でしっかり肌あれ対策を

季節に反応しやすい方

季節の変わり目

  • 肌が弱く、あれやすい
  • 乾燥するだけでなく、花粉に反応しかゆみを感じる
  • 皮脂トラブルも起こりやすく、あれやすい

夏場

  • 肌が弱く、あれやすい
  • 汗や紫外線などで肌あれを起こしやすい
  • 皮脂トラブルも起こりやすく、肌あれを起こしやすい

秋冬

  • 肌が乾燥して、あれやすい
  • 下着やパジャマのゴム部分があれやすい
  • タイツやストッキングに粉吹き跡が残る

ボディケアを見直して、ゆらぎ肌対策をしましょう。

花粉などで肌がゆらぎやすい春は、ボディケアを見直しましょう。からだを洗う時には薬用処方の洗浄料を使い、湯船につかるときには保湿入浴剤を使うのがおすすめです。

皮脂がたまりやすい夏は、からだにもにきびができやすい季節。また、汗をかいた時にゴシゴシこすると、余分な油分まで落として、さらなる肌あれの原因になります。肌に負担をかけにくい弱酸性や低刺激性の洗浄料が◎

乾燥する秋冬。全身が乾燥で粉を吹いたりかゆくなりがちな方は、肌に負担をかけず、うるおいを落としすぎない弱酸性や低刺激性の洗浄料で洗い、入浴後には保湿剤で全身をケアするなど、乾燥対策をしましょう。保湿剤は、入浴後5~10分以内に使うことがポイントです。

洗うことから敏感肌のバリア機能をいたわるミノン全身シャンプー、
バリア機能を守りながら肌あれを防ぐミノン全身保湿ケアの特長をご紹介します。

ミノン全身シャンプーの特長

Point01

弱酸性

ミノン全身シャンプーはすべて健康な肌と同じpH4.5~6.5の弱酸性。洗い終わった後も肌本来のpHを保ちます。

Point02

植物性アミノ酸系
洗浄成分配合

植物性アミノ酸系洗浄成分配合で、肌の保湿成分を適度に残しつつ、バリア機能を守りながら汚れを落とします。

Point03

低刺激性処方

肌へのやさしさを考えた処方設計。赤ちゃんから大人、お年寄りまでお使いいただけます。

ミノン全身保湿ケアの特長

Point01

バリア機能
サポート成分配合

SPL(Self Protection Lipid(コレステロール:保湿)をはじめとしたミノン独自処方で、バリア機能を守りながら肌あれを防ぎます。

Point02

保湿・肌あれ防止

抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリル配合で、肌あれを防止します。

Point03

低刺激性処方

肌へのやさしさを考えた処方設計。赤ちゃんから大人、お年寄りまでお使いいただけます。

乾燥が特につらい秋冬には

全身シャンプー

全身カサカサ、粉がふきやすい乾燥肌向け。植物性アミノ酸系洗浄成分配合でバリア機能を守りながら汚れを落とす。

ミノン全身シャンプーしっとりタイプ

全身カサカサ、粉がふきやすい乾燥肌向け。植物性アミノ酸系洗浄成分配合でバリア機能を守りながら汚れを落とす。

ミノン全身シャンプー
しっとりタイプ
医薬部外品

汗でにきびができやすい夏には

全身シャンプー

乾燥も、皮脂やにきびも気になる混合肌向け。植物性アミノ酸系洗浄成分配合でバリア機能を守りながら汚れを落とす。

ミノン全身シャンプーさらっとタイプ

乾燥も、皮脂やにきびも気になる混合肌向け。植物性アミノ酸系洗浄成分配合でバリア機能を守りながら汚れを落とす。

ミノン全身シャンプー
さらっとタイプ
医薬部外品

季節の変わり目のゆらぎ肌には

入浴剤

全身カサカサ、粉がふきやすい乾燥肌向け。まるでお湯にとけるクリームのようなうるおいで、しっとり肌へ。

ミノン薬用保湿入浴剤

全身カサカサ、粉がふきやすい乾燥肌向け。まるでお湯にとけるクリームのようなうるおいで、しっとり肌へ。

ミノン薬用保湿入浴剤
医薬部外品

夏でもべたつかない
ミルクタイプの保湿剤

全身保湿剤

3つの潤いベール成分*配合で、みずみずしいうるおい感で、乾燥したお肌がふっくらすべすべに。
*硬化油、ワセリン、ヒドロキシエチルセルロース(保湿)

ミノン全身保湿ミルク

3つの潤いベール成分*配合で、みずみずしいうるおい感で、乾燥したお肌がふっくらすべすべに。
*硬化油、ワセリン、ヒドロキシエチルセルロース(保湿)

ミノン全身保湿ミルク
医薬部外品