歯科医のお話 vol.6
かぶせ物より土台が大事

かめだ歯科クリニック

亀田充生 先生

自分に合ったみがき方を発見して欲しい

一般的には歯と歯ぐきの境目部分の歯肉溝(しにくこう)に毛先が入るようにみがいていくというのが歯周病には望ましいみがき方です。ブラッシングで大事なのは、歯と歯ぐきの間、歯と歯の間など溝を重視してみがいていくことです。

しかし、正しいみがき方(プラークコントロール)は全ての方に同じやり方が適用できるわけではありません。人によってはよくみがけている所、全然みがけていない所などクセがあります。そんな時は、是非歯医者へ行って、自分の歯みがきのクセを知って、自分に合ったみがき方を聞いてください。より良いみがき方が見つかるはずです。

どんなに素晴らしいかぶせ物をしても土台が大切

私の病院では全員が国家資格を持っており、ドクターは歯科医師免許、他のスタッフも全員が歯科衛生士、歯科技工士の資格を持っています。また、歯科衛生士は担当制になっていて、患者さんの口腔内を時系列で見ながら、進行具合、治療具合をしっかりと把握しています。患者さんとちゃんと向き合うことで、ただ治療をする歯医者さんから、予防までしっかりとできる歯医者さんになると考えています。

すぐ治したい、すぐ歯を綺麗にしたいという患者さんがいますが、弊院ではしっかりとカウンセリングしてから患者さんと治療方針を決めて治療に取り掛かります。何故、そうするか。いくら良いかぶせ物、技工物の治療をしても、土台となる歯ぐきの基礎工事がしっかりとしていなければ、セラミックを入れても、メタルボンドを入れても、また治療をしなくてはいけません。そうなる前に基礎工事をしっかりとすることが大切なのです。

また、基礎工事をして良いかぶせ物を入れたからといって、そこが終わりではありません。日々のメンテナンスがしっかりできていないと、虫歯や歯周病が再発することがあります。そうなると、せっかくの美しい素材も台無しです。なので、必ず治療が終わっても、正しいブラッシングの指導や、定期健診をご案内しています。美しさを維持するためには、健康を維持することが最も重要です。素敵な笑顔をキープするためにも、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

かめだ歯科クリニック

亀田充生 先生

あなたは大丈夫?歯周病を正しく知ろう