お知らせ

2021年11月19日

20~40代のパパ・ママに聞いた「親と子どもの肌ケアに関する意識調査」
<11月19日は「いい育児の日」 パパ・ママ一緒に子どもの肌ケアをしましょう!>
パパは「お風呂に入れる」ことを積極的に取り組んでいるものの、
子どもの肌ケアを実践しているのは1割以下・・・理由は「肌ケアの自信のなさ」にあった!?

11月19日はいい育児の日 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、乾燥が気になる冬に向けて、0~5歳までの乳幼児期の子どもを持つ20~40代の男女を対象に「親と子どもの肌ケアに関する意識調査」を実施しました。
 その結果、子どもの肌ケアについて重要だと考えている家庭は多いものの、実際に肌ケアを行っているのは母親がほとんどであること、また肌ケアに関する知識に自信がある家庭が少ないことが明らかになりました。これらの調査結果を踏まえ、皮膚科医である神島輪先生に、これからの季節に欠かせない肌の保護・保湿の重要性についてご解説いただきます。


【TOPIC1】家庭での育児分担について| 育児分担の満足度はパパ8割以上、ママ6割近く
家庭の育児分担事情について調査!育児分担割合は「ママが8割」以上が半数以上
パパがママと同程度に取り組んでいる育児は「子どもと遊ぶ」と「お風呂に入れる」

・育児分担の満足度:パパは8割以上が、ママは6割近くが「満足」
・育児分担割合:「ママが8割」以上は半数以上
・育児で積極的に取り組んでいること:パパ1位「子どもと遊ぶ」、2位「お風呂に入れる」、3位「おむつ替え」
 ママ1位「子どもの食事作り」「食事を食べさせる」(同率)、3位「寝かしつけ」「子どもの着替え」(同率)

【TOPIC2】子どもの肌ケアの意識・実態について| 子どもの肌はパパ・ママともに気になるけど、ケアはママ頼り
子どもの肌ケアを意識的に行っている家庭が大多数。でも、実際に行っているのはママ
パパが肌ケアをする家庭が少ない理由は「肌ケアに関する知識」の自信のなさにあった!?

家族のイメージ・子どもの健康状態で気になること:1位「食べ物の好き嫌い」、2位「肌荒れなど皮膚トラブル」
・子どもの肌の乾燥や肌荒れ:パパの約6割、ママの7割以上が「気にしたことがある」と回答
・子どもの肌のケア:パパは1割以下、ママが9割以上実施
・子どもの肌ケアに関する知識:「自信あり」と回答したパパは3割以下

【TOPIC3】神島先生が解説| 自信が持てる肌ケアの知識 「保護」と「保湿」の重要性
赤ちゃんの肌ケアをしているイメージパパ・ママ必読!自信が持てる肌ケア知識について皮膚科医の神島輪先生が解説
・乾燥した肌は「バリア機能が低下した状態」
・保護は「皮膚に膜を張り、水分が逃げるのを防ぐ」、保湿は「皮膚に水分を取り込み、乾燥を防ぐ」
・子どもの頃からの「保護」「保湿」の重要性
・1日2回以上の「保護」「保湿」を!全身ケアはお風呂上がりに、寝る前や出掛ける前にも

詳しくはこちら(PDF)


 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考え方のもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
 現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
 こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
※第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています。


Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ