デリケートゾーン(陰部)のかゆみの原因

どうして症状が起こるの?

他の人にはなかなか相談できない、デリケートゾーンのかゆみ。蒸し暑い夏だけでなく、冬でも暖かい部屋で過ごしたり、下着の締め付けなどでかゆみを感じることは多いようです。自分でも気づかないうちに感染してしまう性感染症が原因になることもあります。

デリケートゾーンのかゆみの原因は大きく2つ

デリケートゾーンのかゆみの原因には、大きく分けて「かぶれ」と「感染症」の2つがあります。

「かぶれ」は主に、下着による締め付けや、デリケートゾーンの蒸れ、女性ならば生理用ナプキンとの接触などでも起こります。

一方の「感染症」は、細菌、ウイルス、カビ(真菌)などの病原体に感染することで起こります。

デリケートゾーンのかゆみの原因

特にデリケートゾーンの皮膚は、腕や脚など他の部分と比べて粘膜に近く、下着などで常に覆われているため、湿度や温度が高まり蒸れやすい環境にあります。また汗や汚れもたまりやすい場所です。そのためかぶれを起こしやすく、細菌、ウイルス、カビなどが繁殖しやすい条件がそろっているのです。

かぶれによるかゆみ

かぶれは、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、外部からの刺激によって炎症を起こした状態です。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできており、一番外側の表皮が刺激から体を守るバリアの役割を果たしているのですが、このバリア機能をもってしても防ぎきれない刺激があると、かぶれが起きてしまいます。原因となる刺激には、皮脂や汗、温熱、乾燥などのほか、体質によっては特定の物質に接触することによって起こるアレルギー性のものもあります。

女性の場合、生理中のナプキンやタンポンのヒモなどによる接触や経血による蒸れなどがかぶれの原因になります。男性の場合は、衣服による蒸れや、性行為のときに使用するコンドームが合わずアレルギーを起こすことなどが原因として考えられます。

感染によるかゆみ

「性感染症(STD)」を含む感染症もデリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のことです。

粘膜は皮膚と違ってバリア機能が弱いため、感染症を起こすウイルスなどが入り込みやすい部位です。また細菌などの病原体にとって、高温多湿になりやすく、えさとなる皮脂や汚れがたまりやすいデリケートゾーンは、繁殖するのにうってつけの環境です。そのため、デリケートゾーンが性行為などで感染者の粘膜と接触したりすると、感染症にかかるリスクが高いのです。

デリケートゾーンにかゆみを引き起こす感染症には、次のようなものがあります。

性器ヘルペス
「単純ヘルペス」というウイルスによる感染症です。一度感染すると腰部付近の神経の中で生き続け、免疫力が低下したときなどに再発します。男女ともに、強い痛みが出たり、水泡、潰瘍(ただれ)ができます。
性器クラミジア
「クラミジア・トラコマティス」という細菌による感染症です。日本では最も多い性感染症といわれています。感染すると、男性では尿道炎や精巣上体炎、女性では子宮頸管炎などを起こし、不妊の原因にもなります。
膣トリコモナス症
「膣トリコモナス」という原虫(単細胞の微生物)による感染症です。男性では無症状であることが多いのですが、女性では悪臭のあるおりものの増加や激しいかゆみが起こります。性行為をしなくても、タオル、シーツなどを介してうつることがまれにあります。
性器カンジダ症
「カンジダ」という真菌(カビ)による感染症です。感染しても必ず発症するわけではなく、免疫力が低下したときなどに発症します。男性では症状が出ることが少ないのですが、女性はヨーグルト状のおりものの増加やかゆみが起こります。
いんきんたむし
「白癬菌」という真菌(カビ)による感染症です。10代後半から20代の男性に多く、強いかゆみが起こります。性行為をしなくても、感染した人の皮膚から剥がれ落ちた角質に触れるだけでもうつることもあります。

ペットの毛に感染する種類の白癬菌もおり、感染したペットを抱いたりすると、触れた部分の皮膚にうつりかゆみをともなう湿疹ができることがあります。

毛ジラミ症
「毛ジラミ」という吸血昆虫が陰毛に寄生して起こる感染症です。感染すると、男女ともに強いかゆみが起こります。性行為をしなくても、タオルやシーツなどを介してうつることがあります。

かゆみを起こす主な感染症

感染によるかゆみ

デリケートゾーン(陰部)の
かゆみ対策をサポート

クリアレックス

殺菌洗浄料

オイラックス

鎮痒消炎薬

TOPへ