湿疹・かぶれの原因

どうして症状が起こるの?

皮膚のブツブツ、赤み、水ぶくれ……。湿疹・かぶれは、代表的な皮膚のトラブルですが、原因がはっきりしたものから、原因不明のもの、ほかの病気が潜んでいるケースまでさまざまです。直接人の目に触れる部分だけに、早めに対処したいものです。

外から体を守るバリア=皮膚が刺激に負けてトラブルに

皮膚は薄い一枚の皮のようにみえますが、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。
一番外側の表皮は、日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスといったさまざまな異物から体を直接保護しています。
真皮には汗腺や血管などが走り、皮膚に弾力を与えています。
皮下組織は皮下脂肪で体を守り、エネルギーの貯蔵庫にもなっています。

つまり、外の刺激から体を守ってくれるバリアの役割を果たしているのが、体の外壁ともいえる皮膚なのです。
ところが、このバリア機能を持っても防ぎきれない外部からの刺激で起こるのが、湿疹やかぶれです。刺激を与える原因には、洗剤や化粧品、冷感・温感の他に細菌による感染や、花粉やハウスダストなどのアレルゲン(アレルギー反応の原因物質)などがあります。

外からからだを守るバリア

細菌に感染=免疫反応の攻撃力で炎症が起きる

細菌が皮膚に侵入すると、身を守るためにさまざまな細胞が攻撃態勢に入ります。好中球は細菌の侵入部位に向かい、マクロファージが菌を食べ、リンパ球が抗体を出して攻撃をしかけます。そのときに出る生理活性物質の働きで炎症が起こります。

外からからだを守るバリア

アレルギー反応=過剰な免疫反応で自分を攻撃

アレルギー反応とは、ほこりや花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を起こす原因物質)を異物と認識して、過剰に免疫反応を起こしてしまう状態です。アレルゲンに対して抗体ができてしまうと、次にアレルゲンが入ってきたときに、抗体が付着した肥満細胞からヒスタミンという物質を放出し、炎症やかゆみを起こします。
アレルギー体質の人が、乾燥やストレスなどで皮膚のバリア機能が低下すると、皮膚炎を起こしやすくなります。

外からからだを守るバリア

湿疹とかぶれの違い=かぶれには接触性とアレルギー性がある

湿疹とは、皮膚に炎症を起こす病気の総称です。かぶれは正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、湿疹の中でも、外部からの刺激によることがはっきりしている場合をいいます。
かぶれには、原因となる物質が皮膚に接触することによって炎症が起こる「接触性」、特定の物質にアレルギーを持っている人だけに起こる「アレルギー性」の2種類があります。かぶれると、刺激が働いた部分にだけ、接触した部位の境界がはっきりした病変=炎症などをつくり、「痛がゆい」など“ほてり感”を伴うことがあります。
湿疹・かぶれの原因には次のようなものが考えられます。

物理的刺激 紫外線、温熱、寒冷、乾燥
化学的刺激 洗剤、薬物、化粧品
アレルゲン 金属、花粉、ハウスダスト、植物(漆など)、虫、動物
体質的要因 乾燥肌、皮脂分泌異常、発汗異常、アレルギー体質

湿疹・かぶれの種類

主なものは次の通りです。

かぶれ(接触皮膚炎)の例
接触した部位に、境界がはっきりした炎症などが起こります。

かぶれ(接触皮膚炎)

脂漏(しろう)性湿疹の例
皮脂(油分)の分泌異常やホルモンバランスの崩れにより起こります。

脂漏(しろう)性湿疹

皮脂欠乏性湿疹の例
皮膚表面の皮脂が欠乏し、乾燥肌の人に発症しやすいものです。

皮脂欠乏性湿疹

主婦湿疹(手湿疹)の例
手にできる湿疹で、家事によって生じた場合に「主婦湿疹」と呼ばれます。せっけんや洗剤などによって起こり、主に利き手側にできます。

主婦湿疹(手湿疹)

おむつ皮膚炎の例
乳児や寝たきり高齢者などおむつを着けている人が、大小便の刺激やおむつの当たる刺激などで起こります。
赤みが強い場合、なかなか治らない場合は、カビに感染する皮膚カンジダ症になっている場合があります。

おむつ皮膚炎

アトピー性皮膚炎の例
明確な原因が特定できないといわれていますが、耳、顔、首回り、わきの下、ひじの内・外側、ももの付け根、膝の表・裏側といった部位に湿疹が出て、皮膚全体がカサカサしているという特徴があります。

アトピー性皮膚炎

このほか、汗の排出が阻害されて炎症や丘疹ができる「汗疹」(赤ちゃんに多くみられる「あせも」もこの仲間)や、薬の副作用による「薬疹」などもあります。

湿疹・かぶれ対策をサポート

オイラックス

鎮痒消炎薬

クロマイ

皮膚疾患治療薬

ベトネベート

皮膚疾患治療薬

TOPへ