肌あれの予防

予防するには?

「肌あれの予防には、規則正しい生活と、保湿を含む適切なスキンケアが大切です。ビタミンBをとることも有効といわれています。

規則正しい生活で肌の状態を整える

十分な睡眠をとる

肌細胞の修復やメンテナンスに必要なホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。私たちが眠っている間に、皮膚では栄養分が補給され、いらなくなった老廃物を排除する働きがなされているのです。とくに、皮膚の新陳代謝は午後10時~午前2時の間に活発におこなわれるので、早寝早起きを心がけ、十分な睡眠をとることが大切といえるでしょう。

便秘を予防する

ニキビや吹き出物などの原因となる有害物質を体内にためこまないために、便秘予防も重要です。適度な運動、毎日の排便習慣、水分・食物繊維・乳酸菌をとるなどして、スムーズなお通じを目指しましょう。

ストレスをためこまない

皮膚のうるおい成分を減らすもととなるストレスに負けない生活習慣をつけましょう。ゆっくりお風呂に入る、好きな音楽や香りを楽しむ、たまに美味しいものを食べに行く、運動するなど、毎日の生活の中で楽しみやリフレッシュの方法を見つけ、ストレス解消を心がけることが大切です。適度な運動には、ストレス解消に加え、血行を促して肌の新陳代謝を高めてくれるメリットもあります。

肌あれ予防

正しいスキンケアと乾燥予防でバリア機能を強化

スキンケア用品や化粧品は低刺激性のもの、自分の肌に合ったものを使い、メイクはきちんと落とすことが大切です。
スキンケアの基本は「清潔」と「保湿」の2つ。皮膚の汚れを落とすためにしっかり洗浄することは大切ですが、ゴシゴシと強くこすることはやめましょう。洗うときは、手ややわらかいタオル、スポンジなどでよく石鹸を泡立て、泡で洗うようにします。熱いお湯は皮脂を落としてしまうため、38~40度前後のぬるめのお湯で、石鹸の成分を残さないようにしっかり洗い流しましょう。洗浄料は、植物性アミノ酸系など残すべきうるおいをとりすぎない洗浄成分を使ったものを選ぶとよりよいでしょう。
洗った後には十分に保湿することも忘れずに。入浴後や洗顔後の皮膚は皮脂が落ち、乾燥しやすい状態になっているため、時間をおかずにすぐに化粧水や乳液などをぬって保湿します。入浴の際、保湿効果のある入浴剤を使ってもいいでしょう。
冬は空気が乾燥しているため、加湿器を使う、部屋に洗濯物を干すなど室内の加湿や、外出時の防寒も大切です。春以降は紫外線対策も忘れないようにしましょう。

栄養バランスよく、お肌を健康にしてくれる食生活を

健康な肌をキープするためにも、無理なダイエットや偏った食事は避け、なるべく1日3回、規則正しく栄養バランスのよい食事を心がけましょう。甘いものやインスタント食品の取りすぎにも注意が必要です。以下に挙げた栄養素は、肌あれを予防するのに効果的と考えられます。毎日の食事にバランスよく取り入れるようにしましょう。

ビタミンB2B6
皮膚の新陳代謝を助け、皮膚を保護する働きがあります。
ビタミンA
新陳代謝を促進し、皮膚の機能を維持したり、乾燥を防いだりします。
ビタミンC
コラーゲンの合成を促進する作用があります。
タンパク質
肌細胞の原料となる成分です。

肌の健康と関係の深い栄養素と食材

肌あれ対策をサポート

エバユース

ビタミンB2B6主薬製剤

  • 新エバユースB26[第3類医薬品]

    新エバユースB26

    疲れたときのビタミンB2、B6の補給、肌あれ、口内炎、にきびに

ミノン

保湿洗浄料

保湿入浴剤

TOPへ