睡眠コラム4

女性はホルモンのゆらぎが眠りを妨げることも

女性は毎月の月経というバイオリズムがあり、ホルモンのゆらぎに伴って睡眠に問題が起こりやすくなります。「月経前の黄体期には、1日の体温リズムのメリハリがなくなるため、睡眠が浅くなったり、日中眠くなったりします。また、更年期にも不眠になりやすくなります※。これは、女性ホルモンが激減すること、加齢によって睡眠が浅くなったり、短くなったりすること、この年代ならではのストレスなどが影響すると考えられます」(小柳先生)。

更年期に伴う睡眠障害の場合は、女性ホルモンを使う治療が選択肢になる場合もあります。「ホルモンのゆらぎによって眠りが妨げられるときには、光を浴びる、食事リズムを作る、昼間に活動するなど体内時計を調整することをより意識してください」(小柳先生)。

※ Menopause. 2014 Aug;21(8):834-9.

睡眠

専門家プロフィール

小柳えりこ先生
アオハルクリニック院長。順天堂大学医学部卒業。同大学病院勤務を経て2011年に現職。順天堂大学医学部皮膚科助教(非常勤)、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会専門医。
TOPへ