どれくらい節税できるの? どれくらい節税できるの?

所得控除の計算方法

税制で優遇され、税金が戻ってくるというと、条件となる額を超えた額がそのまま戻ってくると誤解されがちですが、そうではありません。所得税や住民税は、課税される所得金額に税率がかけられて税額が決まります。セルフメディケーション税制では、12,000円を超えた額が所得から引かれて、課税対象から減額されるので、税金が低くなるのです。

<計算例>

所得税率20%、住民税率10%の人が、対象となるOTC医薬品を1年間に40,000円購入した場合
  • 国に納める所得税

    (40,000円−12,000円)×20%=5,600円

  • 翌年度の住民税(戻るのではなく、翌年度の住民税負担が減ります)

    (40,000円−12,000円)×個人住民税率10%=2,800円

    5,600円+2,800円=8,400円

合わせて8,400円が減税分となります。

所得控除の計算方法

<参考:所得税率の目安について>
課税される所得金額 所得税率
1,000円から1,949,000円まで 5%
1,950,000円から3,299,000円まで 10%
3,300,000円から6,949,000円まで 20%
6,950,000円から8,999,000円まで 23%
9,000,000円から17,999,000円まで 33%
18,000,000円から39,999,000円まで 40%
40,000,000円以上 45%
  • ご自身の減税額について詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。

どれくらい節税できるの?ページ上部へ

どれくらい節税できるの?|くすりと健康の情報局

セルフメディケーション税制についてのページです。どれくらい節税できるのか所得控除の計算方法について解説しています。