咳(せき)の原因

咳(せき)

1.どうして症状が起こるの?

咳(せき)は、空気の通り道である気道に侵入した異物を追い出すために起こるからだの防御反応です。気道へのさまざまな刺激で起こるほか、痰を外に出すためにも咳(せき)が出ます。

咳(せき)は外からの異物に対する防御反応

肺や気管などの呼吸器を守るために、外から入ってきたほこり、煙、風邪のウイルスなどの異物を気道から取り除こうとする生体防御反応が咳(咳嗽=がいそう)です。異物が入り込むと、まず咽頭や気管、気管支など気道の粘膜表面にあるセンサー(咳受容体)が感じ取ります。その刺激が脳にある咳中枢に伝わると、横隔膜や肋間膜などの呼吸筋(呼吸をおこなう筋肉)に指令が送られ、咳(せき)が起こります。この反射運動を「咳反射」といいます。
咳(せき)にはまた、気道にたまった痰を外に排出する役割もあります。気道粘膜には細かい毛(繊毛)と、その表面を覆う粘液があり、粘膜の表面を潤して保護しています。この粘液がウイルスや細菌などの病原体やほこりなどの異物をからめ取ったものが痰です。気道に炎症があると痰が増え、粘り気が強くなります。痰は、外にむかって異物を追い出そうとする繊毛の運動と、咳反射によって外に出されます。

咳(せき)が出るしくみ

咳(咳嗽)の種類

咳(咳嗽)は、風邪によるものから肺がんなど重い病気があるものまでさまざまです。原因となる病気にかかってから3週間以内に収まる咳(せき)を急性咳嗽と呼び、3週間以上続くものを遷延性咳嗽、そして8週間以上を慢性咳嗽と呼んでいます。

  咳(せき)が続く期間 原因となる病気
急性咳嗽 3週間未満 風邪、インフルエンザ、急性気管支炎など
※肺炎、肺結核、肺血栓塞栓症、肺がんなどの重い病気が原因の場合もあるのでX線検査で確認します。
遷延性咳嗽 3週間以上 咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症、慢性気管支炎など
慢性咳嗽 8週間以上

隠れた病気があることも

3週間未満で治まる急性咳嗽の原因は、ほとんどが風邪などの呼吸器感染症です。遷延性咳嗽、慢性咳嗽と咳(せき)が長期間にわたるほど、感染が原因ではない場合が多くなります。咳(せき)の症状が長く続くときには、喘息などアレルギー性の咳(せき)、副鼻腔気管支症候群、肺がんや結核などが疑われます。
また、咳(せき)の原因が医療用の薬の副作用の場合もあります。例えばACE阻害薬(高血圧の薬)を服用している人は咳(せき)が起こることもあります。

咳(せき)の原因ページ上部へ

咳(せき)の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局

咳(せき)の「原因」を、咳(せき)がでるしくみや咳(せき)の種類とともにご紹介します。