痛い口内炎に!トラフル

> トラフル部(口内炎の基礎知識と対処法)

なるほど!トラフル

なるほど!トラフル トラフルの仕組みを学ぼう!

  • トラフルの名前の
    由来ってなに?

    今田美桜

    名前の由来には
    口内炎に関わるある言葉が
    関係しているんだよ。

    今田美桜

    口内炎ができると、
    生活に支障が出るよね。

    • 勉強や仕事に
      集中できない

    • 美味しい食事が
      楽しめない

    • 痛くてうまく
      しゃべれない

    • 歯みがきが
      ツライ

    今田美桜

    では、突然ですがここで問題です!
    トラフルの名前は、口内炎に関わるある言葉が
    由来となっていますが、その言葉とは何でしょうか?

    今田美桜

    正解は...

    今田美桜

    「トラブル」の濁点を
    スッキリ取り除いてあげる
    ことから、


    と名づけられたんだ!

    なるほど!トラブル!

  • 今田美桜

    口内炎って、何も対処しない人が多いらしいんだよね。

    確かに。どんな対処法があるのか、あまり知らないなぁ。

    今田美桜

    では、またここで問題です!
    口内炎ができた際に、医薬品等で対処する人は何%でしょうか?

    今田美桜

    正解は...

    今田美桜

    医薬品等で対処する : 44%、何もせず治るのを待つ : 56%

    今田美桜

    口内炎ができた際に、医薬品等で対処する人は44%にとどまり、
    残りの56%は「とくに何もせず治るのを待つ」人なの。

    本当だ!

    今田美桜

    一方で、口内炎が原因で生活にさまざまな支障が出ていることや、
    治るまでに1週間くらいかかっていることも分かっているんだ。

    そうだね。口内炎って簡単に治らないんだよね。

    今田美桜

    そこで、つらい口内炎は早く治したいというお客様へのご提案として2008年に誕生したのが、トラフルシリーズなの!

  • 今田美桜

    トラフル錠って飲み薬なのになぜ効くか知ってる?

    何でだろう。教えて!

    今田美桜

    じゃあ、痛みをしずめる抗炎症成分「トラネキサム酸」の
    メカニズムを説明するね!

    今田美桜

    イメージ図

    患部に異常が発生すると、
    血液中に流れているタンパク質「プラスミノーゲン」が
    「プラスミン」に変化して、
    患部に浸透するんだ。

    そうなんだ。

    今田美桜

    イメージ図

    その「プラスミン」が、炎症を起こす「ヒスタミン」や、
    痛みを起こす「プロスタグランジン」「ブラジキニン」を発生させて、
    同時に血管を拡張するの。

    なるほどね。

    今田美桜

    イメージ図

    血管が拡張すると血管の透過性が上がって、患部がはれ、
    痛みが発生するんだって。

    痛みの原因はこれだったのか!

    今田美桜

    イメージ図

    そこでトラフル錠を飲むと、
    トラネキサム酸の作用に
    よって、「プラスミン」の
    発生が抑制されるんだ。

    錠剤を飲むだけって手軽だね!

    今田美桜

    イメージ図

    そして、「プラスミン」の発生が抑えられるから、続いて炎症を起こす「ヒスタミン」や、
    痛みを起こす「プロスタグランジン」「ブラジキニン」も抑制されるってこと。

    これで、ヒリヒリした感じが消えるんだね!

    今田美桜

    イメージ図

    さらに炎症を抑える
    カンゾウ乾燥エキスによって、
    患部のはれが引くんだよ!

    なるほど!

教えて!口内炎豆知識

1実は主に
3種類あった口内炎!

口内炎(頬の内側、舌の縁、唇の裏側などにできる、水疱や潰瘍などの炎症)
アフタ性口内炎
中央部が浅くくぼんだ、
白っぽい潰瘍ができる。
カタル性口内炎
口の中の粘膜が、
赤く炎症を起こす。
ヘルペス性口内炎
ウィルス感染によって、
小さな水疱の集まりができる。

2口内炎人口は
なんと3000万人!

口内炎の経験率と推定人口

2017年 第一三共ヘルスケア調べ N = 9,916

年間
経験回数

6.4

2017年
第一三共ヘルスケア調べ
N = 547

10~60代における口内炎経験率は38%、人口にすると約3,000万人にのぼります。男女別では全ての世代において女性の方が多く、世代別では特に若い世代に多く発症しているのが特徴です。

3口内炎 発生箇所ランキング
1位はやっぱり…

  • 1位 頬の裏
  • 2位 下唇の内側
  • 3位 舌の脇
  • 4位 舌の先

1位は、やっぱり頬の裏。食事の時など歯で傷つけてしまうことも多い場所ですね。変わったところでは、舌の奥や喉の奥など、目では確認できない場所もありました。

2017年 第一三共ヘルスケア調べ N = 547

4口内炎の原因

  • 頬を噛んでしまったり、食事中に傷つけてしまう。

  • 睡眠不足。

  • 暴飲・暴食など栄養摂取の偏り。

  • ストレスなどによる抵抗力低下。

  • 細菌やウィルスの感染。

  • 月経前のホルモンバランスの影響。

5口内炎で困ること
ランキング

2017年 第一三共ヘルスケア調べ N = 547

口内炎でお悩みの方は、「食事がとりにくい」「しゃべりづらい」
「仕事に集中できない」など、生活面の不便を訴える方が多くなってます。

6口内炎ができたときの
対処法

  • トラフル錠
    (飲み薬)

  • トラフル軟膏PROクイック
    (塗り薬)

  • トラフル軟膏
    (塗り薬)

  • トラフルダイレクトa
    (貼り薬)

  • トラフルクイックショット
    (スプレー剤)

  • トラフルBBチャージ
    (ビタミン剤)

口内炎でつらい「痛み」を抑える抗炎症成分を配合した内服薬や貼り薬、塗り薬などとともに、日常的にビタミンB2、B6の摂取も心がけましょう。
また、口の中を清潔に保つことも大切なので、トラフルクリアウォッシュも併用することがおすすめです。

7口内炎予防5カ条

普段の生活を気をつけるだけで、予防ができるよ。

  • 1

    食事の後には、うがいや歯みがきをしましょう。口内炎予防の第一歩は、口内環境を清潔に保つことです。

  • 2

    ビタミンB群を多く含んだ野菜や果物がおすすめです。ビタミンB群は粘膜の修復作用があり、細菌に対する抵抗力も高めてくれます。

  • 3

    夜更かしや不規則な生活をしないようにしましょう。口内炎の発症は、体調とも大きく関係しています。口内炎の予防には規則正しい生活が一番です。

  • 4

    ストレスを溜めない生活を心がけましょう。口内炎は疲れのサイン。かぜや疲れなどで免疫力が落ちていると口内炎になりやすくなります。ストレスや疲れを感じたらゆっくりと休みましょう。

  • 5

    口の中の乾燥を防ぎましょう。唾液には殺菌作用があります。口の中が乾いていると粘膜の免疫力が低下し、口内炎にもなりやすいといわれています。

トラフルキッチン

口内炎の予防に役立つ!なってしまったときにもお口にやさしい!
そんなレシピをご紹介します!