関節痛 (変形性関節症)

関節痛(変形性関節症)の原因

1.どうして症状が起こるの?

関節の痛みが起こる原因は、スポーツなどで靭帯や半月板などを傷めたときや、関節リウマチ、感染性関節炎、痛風発作、インフルエンザなどの病気によるものなどいろいろありますが、日本人に最も多いのは変形性関節症です。加齢とともに骨と骨との間のクッションの役割をする軟骨がすり減って痛みが発生します。

  • 関節のしくみ

    • 関節の構造

      関節は、右の図のように一方が凸(関節頭)、もう一方が凹(関節窩)となる骨で構成され、骨と骨の間のすき間(関節腔)があるものをいいます。関節となる面は「関節軟骨」で覆われ、関節の周囲は「関節包」で包まれています。関節包の内側にある「滑膜」が「滑液」を分泌し、関節腔を満たしています。
      関節軟骨は、骨と骨が直接ぶつからないようクッションのような役割を持っています。また、関節包に満たされた滑液は軟骨に栄養を供給するとともに、骨同士の摩擦をはじめとする衝撃を吸収し、関節をなめらかに動かす働きを持っています。

  • 変形性関節症の原因

    • 変形性関節症に最もなりやすい部位が膝です。加齢とともに発症頻度が高くなります。
      膝を酷使すると、膝のまわりの腱や筋が張って、歩き始めなどに痛みを感じるようになります。さらに長年に渡って膝に負担をかけ続けると、膝への衝撃を吸収する関節軟骨や半月板が徐々に変性したりすることなどによって炎症が起こり、腫れて熱を持ったり、膝に水がたまったりします。炎症が慢性的になると関節包が硬くなって十分に機能しなくなり、膝の曲げ伸ばしがしにくくなります。関節軟骨がすり減ってなくなってくると、立ち上がったり、階段の上り下りなどの際に骨同士がぶつかって、痛みが起こるようになります。
      肥満によって膝に負荷をかけている人や、激しいスポーツで膝を酷使している人などは、発症が早まる傾向があります。また、加齢と共に関節軟骨の柔軟性が失われてきますので、注意が必要です。

      関節が痛む原因(段階別)

      膝の変形性関節症が起こりやすい人は?

      当てはまる項目が多いほど、膝の変形性関節症を発症しやすいといわれています。チェックしてみましょう。

      膝の変形性関節症チェック

関節痛 (変形性関節症)の原因ページ上部へ

第一三共ヘルスケアの関節痛(変形性関節症)の原因ページです。関節痛(変形性関節症)の症状が出る原因とメカニズム、おすすめ商品に関する情報を掲載しています。