口内炎の予防

予防するには?

口内炎ができてしまうと、食べ物がしみて楽しく食事ができなくなってしまい、つらいですね。生活習慣を改善することで、口内炎は予防できます。口内炎がよくできる方は、普段の暮らしを見直してみましょう。

普段から栄養バランスを意識して。睡眠不足も大敵

偏った食生活によるビタミン不足で、口内炎が発生することがあります。特に、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2・B6・Cが不足すると、口内炎になりやすくなります。緑黄色野菜をたくさんとり、バランスのよい食生活を心がけましょう。また、サプリメントやビタミン剤でビタミンB2・B6・Cを積極的に補って、免疫力を高めましょう。

積極的に摂るもの 控えるもの

口内炎の対策におすすめのレシピはこちら

また風邪や疲れなどで免疫力が低下していると口内炎になりやすくなります。ストレスや疲れを感じたらゆっくり休み、夜更かしをしたり不規則な生活を送らないように気をつけましょう。生活環境の変化もストレスになる場合があります。ほどよい気分転換を心がけましょう。

口呼吸や無意識に開いた口が原因にも。口内をうるおしておくことも大切

口の中の常在菌が増殖することによって、口内炎ができる場合もあります。口内炎を予防するには、口の中を清潔に保つことも重要です。食後は歯みがきやうがいをして、できるだけ口内を清潔に保ちましょう。歯みがきの際は、口の中の粘膜を傷つけないように気をつけましょう。
また、口の中が乾いていると粘膜の免疫力が低下し、口内炎になりやすいといわれています。水やお茶で口の中をうるおしたり、あめやガムなどで唾液を分泌させましょう。口呼吸をしたり、無意識に口を開けている癖のある人は、口の中が乾燥しやすく、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、日頃の習慣を見直し、改善していきましょう。

口内炎対策をサポート

トラフル

口腔咽喉薬・口腔内消炎薬・口内炎治療薬

ビタミンB2B6主薬製剤

TOPへ