口内炎の原因

どうして症状が起こるの?

「口内炎」とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。いくつか種類がありますが、もっとも多いのが「アフタ性口内炎」です。はっきりとした原因がわかっていませんが、体調が悪いときにできやすいことが知られています。

口内炎の原因は「ストレス・栄養不足・口の中を噛む・病気の影響」など

口内炎の原因はさまざまです。ストレスや栄養不足などによる免疫力低下や、口の中を噛んでしまうなどの物理的刺激、ウイルスなどによる感染が考えられるほか、原因不明な場合もあります。他の病気の一症状として口内炎が起こる場合もあるので、注意が必要です。

もっとも多い「アフタ性口内炎」

一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。
アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が、ほお・唇の内側・舌・歯ぐきなどに発生します。小さなものが2~3個群がって発生することもあります。普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。
なかなか治らないとき、範囲が広いとき、何度も再発するときは、ベーチェット病などほかの病気の一症状であったり、くすりが原因の場合もあるので、すぐに病院へ行きましょう。

物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側を噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもあります。また、味覚がわかりにくくなることもあります。

ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

ウイルスが原因で起こる口内炎もあります。単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」は、主に唾液などの接触感染や飛沫感染によって感染します。ほかにも梅毒・淋病・クラミジアなど、性感染症(STD)による口内炎が知られています。またカビ(真菌)の一種であるカンジダ菌は、もともと口の中に存在する常在菌のひとつですが、免疫力が低下したりすると増殖し、「カンジダ性口内炎」を発症することがあります。
ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みが伴うことがあります。

その他の口内炎

特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。ニコチン性口内炎の場合は、口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化するおそれもあります。

口内炎のさまざまな原因

口内炎の特徴と原因

名称 症状の特徴 原因
アフタ性口内炎 円形または楕円形の白っぽい潰瘍。何度も繰り返してできる場合は再発性アフタ性口内炎と呼ばれる。 ・免疫力の低下
・ストレスや栄養不足
・口腔粘膜の損傷
・ベーチェット病などの全身性疾患の症状  など
カタル性口内炎 一般的に水疱はすぐにつぶれて、潰瘍になる。潰瘍が良性でも、十分に治癒するまで痛み続ける。 ・虫歯、入れ歯の不具合
・口腔粘膜の損傷
・やけど
・薬品の刺激 など
ウイルス性口内炎
(ヘルペス性口内炎・カンジダ性口内炎など)
赤くただれ、びらんを生じる。カンジダ性口内炎の場合は、口の中に白いこけ状の斑点ができる。 ・単純ヘルペスウイルス
・水痘帯状ヘルペスウイルス
・コクサッキーウイルス A群 など
アレルギー性口内炎 アレルギー反応を起こし、口の中の粘膜の炎症が起こる。 ・特定の食物
・薬品
・金属 など
ニコチン性口内炎 口の中の粘膜や舌に白斑ができる。 ・喫煙の習慣

口は外部の刺激を直接受ける器官であり「健康のバロメーター」

口の中は、食事をしたり、呼吸をしたり、しゃべったりするために常に外部と接しており、細菌・ウイルス・ほこりなどが付着・侵入する可能性の高い部分です。一方、鼻や、内臓に通じるのどともつながっている重要な器官であるため、部位によりさまざまな粘膜で覆われて防御されており、健康であれば、多くの場合こうした微生物に感染することはありません。
しかし、風邪や疲れなどで免疫力が低下していると、侵入した微生物に感染し炎症を起こしやすくなります。口内炎が起こったら、普段の生活を見直すきっかけにしてみましょう。

口内炎ができる理由と悪化するしくみ

唇の裏や、舌、のど、歯ぐきなど、できる場所はさまざま

口内炎は口の中のさまざまな部分に起こります。歯ぐきにできたものは「歯肉炎」、舌にできたものは「舌炎」、唇の裏などにできたものは「口唇炎」、口角にできたものは「口角炎」と呼ばれます。患部は潰瘍(粘膜がえぐれてできる穴)になったり水疱になったりします。

いろいろな口内炎

口内炎が悪化するしくみ

  1. 粘膜を正常に保つためのビタミンの不足や、疲労、ストレス、ウイルス感染、外的刺激などにより、タンパク質分解酵素の一種プラスミンが発生します。
  2. 増え続けたプラスミンによって、炎症のもと(ヒスタミン)や痛みのもと(プロスタグランジン・ブラジキニン)が出て、血管を拡張します。
  3. 炎症を起こすと血管からこれらの物質が漏れ出やすくなり、むくみが起こり、痛みが発生します。
  4. 炎症が続くと、粘膜の表面がただれてびらん様になります。
  5. さらに、ただれた部分がえぐられ、口内炎ができます。

口内炎が起こるしくみ

(コラム)口唇ヘルペスは口内炎とは違う?

口唇ヘルペスはウイルス性口内炎のひとつで、単純ヘルペスウイルスによる感染症です。白い潰瘍ができるアフタ性口内炎と違い、皮膚に水ぶくれができることが特徴です。水ぶくれは次第にかさぶたになり、5~7日ほどで自然に症状は治まります。
単純ヘルペスウイルスは体のどこにでも感染し、特に多いのが唇に起こる口唇ヘルペスと性器に起こる性器ヘルペスです。ウイルスを完全に取り除く方法はなく、一度感染すると再発を繰り返してしまいます。抗ウイルス薬によって再発を抑制することができるので、口唇ヘルペスが疑われる場合は、医師の診断を受けましょう。

口内炎対策をサポート

トラフル

口腔咽喉薬・口腔内消炎薬・口内炎治療薬

ビタミンB2B6主薬製剤

TOPへ