肌とアミノ酸の関係 うるおいに満ちた肌の鍵 アミノ酸のチカラ

不足しがちな保湿成分とは?肌とアミノ酸の関係

保湿、とは?

肌には保湿成分をつくり、角質層内に水分を蓄えておく力がもともと備わっています。
それは3つの要素で成り立っています。①「天然保湿因子(NMF)」②「細胞間脂質」③「皮脂膜」です。この3つの要素はそれぞれ角質層の中での役割が異なるため、どれも欠かすことが出来ません。

この3つの要素が充分にある状態が理想的なバリア機能を保っている状態です。それらを補い、うるおいをしっかり守ること、それが保湿です。なかでも、アミノ酸と深い関わりがあるのが角質細胞内にある「天然保湿因子(NMF)」。その約半分はアミノ酸で出来ています。天然保湿因子は、角質層の中で水分を含み、保持する役割があり、アミノ酸は肌の”うるおいの素”になる大切な成分です。

天然保湿因子とは?

約半分がアミノ酸で出来ている天然保湿因子(NMF)は、肌がもともと持つ「天然のうるおい成分」といえます。水分を抱え込む性質で角質細胞に存在します。角質細胞のなかにはケラチン線維でできたハンモックのようなベッドがあり、そこに天然保湿因子が留まっています。ところが、このハンモックが壊れてしまったり劣化してしまうと、天然保湿因子は角質細胞内に留まっていることが出来ず、流出しやすくなり、結果として、角質層内のアミノ酸の量が減ってしまうのです。
このケラチン線維などのタンパク質は、外的ストレスにさらされると糖化や酸化をうけやすい状態になります。

  • 肌トラブルの原因を解説
  • 不足しがちな保湿成分とは?
  • 肌の“見た目”を左右する仕組み
  • 数字で納得!アミノ酸の大切さ

ページTOPへ戻る