しもやけ・あかぎれ

しもやけ・あかぎれの症状

寒さが本格化する冬から春にかけて起こりやすいのが「しもやけ・あかぎれ」。しもやけは皮膚が赤く腫れる、かゆみを生じるなどの症状があげられ、寒さや温度差によって発生します。あかぎれは皮膚に亀裂が入り、痛みや出血のある状態をいいます。空気が乾燥していたり、気温が下がっているとき、その他にも毎日の水仕事などによって起こります。

しもやけ・あかぎれの症状ページ上部へ

第一三共ヘルスケアのしもやけ・あかぎれの症状ページです。しもやけ・あかぎれの症状についての情報を掲載しています。