第一三共ヘルスケア

ひふ研

しもやけ(凍瘡)とは?

しもやけ

しもやけ(霜焼け、凍瘡)とは、冷え込む季節に、手足の指や耳など体の末梢部分が赤紫色に腫れるものです。

痛がゆさを伴い、ひどくなると水ぶくれができたり、破れて潰瘍ができることもあります。

冷えによる血液循環の悪化が主な原因ですが、遺伝的な体質なども関係します。

保温により血行を改善させます。必要に応じて外用薬・内服薬を用います。

原因は?

繰り返す寒冷刺激によって、血液の循環が悪くなることで起こります。手足の指や耳などの体の末梢部分では特に細い血管が収縮・うっ血しやすく、その部分に多く発症します。

気温が4~5℃、1日のうちの寒暖差が10℃前後になると発症しやすくなるとされ、真冬よりも初冬や初春に多いのが特徴です。

遺伝的要素として、末梢の血液の流れを調節しにくい体質をもつ人は発症しやすいと考えられています。

手袋や靴下の中が汗でむれたり濡れたまま使用していると、皮膚表面の温度が下がりやすくなり、しもやけの誘因になることがあります。

どんな症状?

手や足のの外側部分のほか、鼻先などが、赤紫色~黒っぽい紫色になって腫れます。

患部全体が赤紫色になって腫れる「樽柿型(T型)」と、小指の頭くらいの赤みや盛り上がり(丘疹)がところどころに見られる「多形紅斑型(M型)」と呼ばれるタイプがあります。

かゆい痛い(じんじんするような痛がゆさ)といった症状を伴います。入浴したり、就寝時に布団に入るなどして体が温まるとかゆみが強くなります。

悪化すると水ぶくれ(水疱)ができたり、さらにそれが破れてジュクジュクした潰瘍になったりすることもあります。

子どもに起こりやすいですが、大人でも繰り返し起こる人がいます。

しもやけの種類 しもやけのタイプ(イメージ図)

対処・予防法は?

寒冷刺激を避け、保温に努めることが大切です。特に外出時には手袋厚手の靴下耳あてなどを着用して、しっかりと保温しましょう。小型の使い捨てカイロは冷えやすい部分を温めるのに便利です。

外で元気に遊んでいる子どもでも、必要に応じて適切な保温を心がけましょう。

濡れた手袋や靴下は早めに取り替えましょう。靴もよく乾燥させるようにしましょう。

患部の血行を改善するために、その部位をほぐすようにマッサージするのもよいでしょう。

通常は、気候が暖かくなれば自然に軽快します。

思うように軽快しない場合や、症状が重い場合には医療機関(皮膚科)を受診しましょう。末梢循環を改善する内服薬や、血行を促進する外用薬などによる治療が行われます。

暖かくなっても治らない、冬季でないのにしもやけのような症状が出た場合などには、膠原病などの思わぬ病気が潜んでいることがあります。こうした場合にも医療機関を受診しましょう。

安部正敏

監修・写真提供:安部正敏 先生

医療法人社団廣仁会札幌皮膚科クリニック 院長/褥瘡・創傷治癒研究所
皮膚科診療のエキスパート。 著書に『たった20のトピックスで学べる! 創傷・スキンケアの新常識』(学研メディカル秀潤社)、『ジェネラリストのための これだけは押さえておきたい皮膚疾患』(医学書院)ほか多数。自らの趣味を活かした鉄道と皮膚のエッセイ「憧鉄雑感」(雑誌『皮膚科の臨床』(金原出版)にて連載)も人気。

トップへ戻る