第一三共ヘルスケア

ひふ研

使用前後には必ず手を洗うなど、清潔に取り扱うことが大切です。

皮膚用薬(塗り薬)の使用前後には、必ずきれいに手を洗いましょう

チューブの口を患部に直接つけて塗るのではなく、いったん指に取ってから患部に塗るようにしましょう。直接つけてしまうと、チューブに細菌などが入り込んでしまい、使えなくなることがあります。綿棒などで取って塗ればより衛生的です。

チューブ内に水分が入らないように気をつけましょう。水分があると細菌が繁殖しやすくなります。

保管の際にはしっかり蓋を閉めて湿気の少ない場所に保管してください。塗り薬の多くは常温保存が可能ですが、決められている場合はそれを守りましょう。

期間を置いて再度使用する場合には、チューブの薬の先を少し捨ててから使用するとよいでしょう。また、使用期限を必ず守りましょう。

使用期限内でも、性状が変わっていたり、変色していたりなど、変わった点があれば使用しないようにしましょう。

トップへ戻る