社会全体で生理痛の理解が深まることを目指す「みんなの生理痛プロジェクト」始動

2023年03月08日

  • トピックス
  • 企業活動
社会全体で生理痛の理解が深まることを目指す
「みんなの生理痛プロジェクト」始動
「ロキソニンSプレミアムファイン」新発売に合わせ石原さとみさん起用のブランドメッセージ広告を3月8日(水)から展開
みんなの生理痛プロジェクト ロゴ
 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)の解熱鎮痛薬ブランド「ロキソニン」は、生理痛のメカニズムに着目した新製品「ロキソニンSプレミアムファイン」発売日である2023年3月8日(水)に、「みんなの生理痛プロジェクト」を始動します。本プロジェクトは、生理痛に悩む女性はもとより、社会全体に「生理痛との正しい向き合い方」を発信するものです。
2023年第1弾調査/ブランドメッセージ広告
 当社が実施した調査では、20~49歳の生理がある女性のうち約9割の方が「生理・生理痛に悩んでいる人がいるという事実が理解されてほしい」と望んでいることが分かりました。また、「生理痛がある」方の7割強が「痛みに対処しつつ、我慢して仕事・学業・家事をしたことがある」と回答しています。このような背景から、「痛みに悩む女性がより自分に合った対処法を見つけられること」、「周囲が思いやりを持ってサポートできること」、「社会全体で生理痛への理解が深まること」を目指し、石原さとみさん起用のブランドメッセージ広告の展開をはじめとして複数のコンテンツから構成される本プロジェクトをスタートします。
 なお本リリースでは、「みんなの生理痛プロジェクト」第1弾として展開する下記コンテンツの概要を紹介します。

●ブランドメッセージ広告「#生理痛を甘く見ないでほしい」
●「みんなの生理痛プロジェクト」プロジェクトサイト公開
●「みんなの生理痛プロジェクト」2023年第1弾調査

 プロジェクトサイトではより多くの方に生理痛への理解を深めていただくために、医師・薬剤師のインタビューや鎮痛薬に関する不安解消のための情報などを発信いたします。また今後も継続して多様なコンテンツを拡充予定です。