お知らせ

2021年8月24日

-20代~50代男女約800名に聞く、頭痛・生理痛に関する調査-
頭痛頻度は10年前より約16%、コロナ禍以前より約25%も増加
「コロナ禍の不安」「スマホ・PC長時間利用」など生活スタイルの様々な変化が要因に

 解熱鎮痛薬「ロキソニンS」を販売する第一三共ヘルスケア(本社:東京都中央区)は、20代から50代で過去1年間に頭痛や生理痛を経験したことがある男女824名を対象に、頭痛・生理痛に関する意識及び実態調査を行いました。
 今回の調査結果を、2011年「ロキソニンS」がスイッチOTC医薬品*1として誕生した際に行った同様の調査と比較*2すると、この10年で特に頭痛の悩みが増加傾向となっており、また直近の1年では、コロナ禍でライフスタイルが変化し、ニューノーマル時代ならではの「自粛生活によるストレス」や「スマートフォンの長時間利用による肩こり」など、頭痛の要因も多様化していることが分かりました。

*1 医師の診断・処方せんに基づき使用されていた医療用医薬品を、薬局・薬店などで購入できるように転用(スイッチ)した医薬品のこと。
*2 本調査の10年前との比較は、2011年12月「日本人の痛み実態調査」(20代~50代男女計800名対象)における今回と同様の設問の結果をもとに検証したものです。全体調査設計は異なるため厳密な経年比較ではありません。

目次・調査結果サマリー

■傾向1 10年間で「痛み」は増加傾向
・頭痛の頻度は「月1回以上」が10年前より16.1%増加、30代女性は「週1回以上」が半数以上も。
・生理痛も「ほぼ毎月」が10年前より12.1%増加。
■傾向2 社会背景とともに、頭痛の要因・対処法も多様化
・自粛生活のストレスやパソコンの長時間利用、天気などが、頭痛に影響。
・10年前より、頭痛を我慢せずに様々な方法で対処する傾向に。
■傾向3 コロナ禍前より、頭痛は増加傾向
・生理痛より頭痛に影響、特に20代を中心にコロナ禍前より頭痛が増加。
・精神的ストレスや、テレビ・スマホによる肩こり・首こり、マスクなどが要因に。
■傾向4 女性特有の痛みは、サポート制度が進む一方で利用率に課題
・女性活躍時代、社会や企業の理解・サポートは進む傾向に。
・一方で、休暇制度の利用率はわずか3.4%。
■傾向5 鎮痛薬に対する理解促進が課題
・頭痛・生理痛ともに、適切なタイミングで鎮痛薬を服用している人は4割に満たない。
・鎮痛薬に対する不安や猜疑心などがあり、正しい知識の浸透に課題。
■頭痛専門医による解説(清水 俊彦 先生)
~現代社会において頭痛も多様化
 頭痛の起きにくい生活習慣と、痛みを我慢せず鎮痛薬を正しく活用することが大切~

詳しくはこちら(PDF)

■第一三共ヘルスケア「ロキソニンS」について
「ロキソニンS」は、その速効性とすぐれた効きめで、痛みの悩みとたたかう一人ひとりの不安や悩みをやわらげ、より良い活動がおくれることを目指して、解熱鎮痛成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」を配合し開発されています。 2011年にスイッチOTC医薬品として誕生してから10年を迎えました。
その集大成として、2021年8月には新製品「ロキソニンSクイック」を発売。服用後に錠剤がすばやく崩壊する独自の技術「クイックブレイク製法」により、シリーズ最短の錠剤崩壊時間を実現しました。
「ロキソニンS」は、解熱鎮痛薬のリーディングブランドとして、痛みに悩む一人でも多くの生活者のQOL向上に、今後も貢献していきます。

ロキソニンS内服薬シリーズ
ブランドサイト



 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考え方のもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
 現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
 こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
※第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています


Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ