新着情報

2020年6月24日

人生100年時代 働く人を対象にした「健康とセルフケアの実態調査」
自身の健康を守るセルフケア、45.7%が実践できていない。
70歳になっても元気に働く自信がない人は58.4%。

セルフケアが実践できている人はOTC医薬品を上手に利用。
休むべきときは休み、幸福度の高い生活を送っている。

※OTC医薬品とは、薬局やドラッグストアなどにおいて自分で選んで買える医薬品(要指導医薬品、一般用医薬品)のことです。

 第一三共ヘルスケア株式会社は、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」という考え方が人生100年時代を迎えつつある日本において重要なテーマになることを見据え、20代~60代の働く人、男女1,000人を対象に「健康とセルフケアに関する実態調査」を行いました。
 その結果、半数近くがセルフケアができていない一方、できている人は70歳まで元気に働く自信があると回答する割合が多く、仕事や生活が充実し、幸福度が高いことが分かりました。