ふけ・頭のかゆみの原因

どうして症状が起こるの?

「毎日洗髪をしているんだけど…」と悩んでいるあなた、その原因は意外なところに潜んでいるのかも。正しい頭髪ケアを知り、ふけ・かゆみから頭皮を守りましょう。

ふけは古くなった頭皮の角質が剥がれ落ちたもの

決してよいイメージはないものの、どんな健康な人にでもふけは発生します。では、その正体とは一体何でしょうか。
ふけは頭皮から出る老廃物、つまり肌から出る垢のようなものです。人間の皮膚は、約1ヶ月のサイクルで生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)という機能が備わっており、それは頭皮も同じです。ターンオーバーのときに古くなった頭皮の角質が皮膚の奥から押し出され、剥がれ落ちたものがふけなのです。通常のターンオーバーで発生するふけは垢のように小さく、通常は洗髪で取り除かれるため、目立つことはありません。

正常な頭皮

皮脂や常在菌のバランスが崩れると、ふけが増加!

頭皮は体のなかでも、特に皮脂の分泌が盛んな部位です。さらに、頭皮には皮脂や汗などを栄養とするマラセチア菌という皮膚常在菌がいます。ほどよい皮脂は頭皮に潤いをもたらし、マラセチア菌は雑菌や細菌の侵入を防いで頭皮の健康を守ってくれています。
ところが、何らかの理由で皮脂やマラセチア菌のバランスが悪くなり、多すぎたり少なすぎたりすると、頭皮のターンオーバーが崩れ、角質が大量に剥がれ落ちる「ふけ症」と呼ばれる状態になるのです。
ふけが大量に発生してしまう原因を、ふけのタイプ別にみていきましょう。

脂性ふけ(ベトベトタイプ)

洗髪不足などで皮脂が過剰にある場合は、皮脂を栄養とするマラセチア菌も必要以上に増殖します。これによって地肌が刺激を受け、ターンオーバーが乱れて大量のふけが発生します。取り切れていない皮脂は酸化が進み、ほこりや汚れを吸着し、古い角質とまざりあってベトベトした脂性ふけとなります。もともと脂性肌タイプの人は、頭皮に皮脂や汗が人より多く発生するため、脂性ふけになりやすいと言えます。

脂性ふけ(ベトベトタイプ)

乾性ふけ(カサカサタイプ)

過度な洗髪や洗浄力の強いシャンプー剤によって皮脂が必要以上に落とされることが原因です。潤いがなく乾燥した頭皮は免疫力が低下し、ターンオーバーのリズムが早まって未熟な角質細胞まで剥がれ落ちるようになります。もともと乾燥肌の人は頭皮も乾燥しやすく、乾性ふけになりやすいと言えます。

乾性ふけ(カサカサタイプ)

ふけのタイプ別違い

  脂性ふけ 乾性ふけ
ふけの特徴 ・白~やや黄色がかった白
・湿ってベトベトしている
・大きな塊となって落ちる
・頭皮や頭髪にはりつく
・白く細かい
・カサカサと乾燥している
・パラパラと落ちる
おもな原因 ・頭皮の皮脂の過剰な分泌
(マラセチア菌の過剰な増殖)
・洗髪が行き届いていない
・シャンプー剤などのすすぎ不足
・頭皮の乾燥
(乾燥肌の人に多い)
・洗髪のしすぎ
共通する原因 ストレス、不規則な食生活、紫外線、睡眠不足、
ホルモンバランスの乱れ
季節 ・湿度の高い梅雨~夏に多くなる ・空気が乾燥する寒い時期に多くなる
イメージ図 脂性のふけ 乾性のふけ

年齢・性別・季節によりふけのタイプに差異

ふけのタイプや発生のしやすさは、年齢や性別、季節によっても多少異なります。 湿気の多い夏場は脂性ふけが増え、空気が乾燥する冬場には乾性ふけになりがちです。
性別でみると、男女ともに成長期である10~14歳ごろにかけて皮脂の分泌量が増え始めます。男性は60歳代ごろまでずっと皮脂の分泌量が多く、女性は30歳代までがピークで、この時期には脂性ふけが出やすいと言えます。
それ以降は皮脂量が減少していき、逆に肌が乾燥しがちに変わってくるため、乾性ふけが多くなる傾向にあります。

ふけが多いと刺激でかゆみを誘発!

ふけとともによくある頭皮トラブルといえば、頭のかゆみ。ふけそのものが頭皮を刺激することによってかゆみが発生するため、ふけとかゆみはセットになっていることが多いものですが、その他の大きな要因は、洗髪の頻度と方法です。

かゆみの原因

洗髪不足
頭皮に皮脂が溜まり、細菌が繁殖してかゆみを引き起こします。
洗髪のしすぎ
必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥によって頭皮のバリア機能が低下し、少しの刺激にも敏感に反応してかゆみが起こります。
洗い方の問題
洗髪の際に爪を立ててゴシゴシ洗っていると頭皮を傷つけ、かゆみの原因となります。
そのほか
紫外線の浴びすぎは皮脂が酸化して地肌を刺激するほか、カラーリング剤やパーマ液などの化学的刺激が原因となることも。

ふけ・頭のかゆみ対策をサポート

カロヤン

薬用シャンプー・コンディショナー

ミノン

保湿洗浄料

TOPへ