捻挫(ねんざ)の対策

捻挫(ねんざ)したらどうする?

捻挫(ねんざ)は、とくに足首や指に起こりやすく、関節をひねって痛めてしまうことで起こります。靭帯の損傷などが考えれらる場合は、整形外科での治療が必要です。目立った腫れやひどい痛みといった症状がなければセルフケアで様子をみてもよいでしょう。捻挫(ねんざ)直後の応急処置や、その後の手当についても覚えておきましょう。

医療機関での受診をおすすめする場合と、セルフケアできる場合

医療機関での受診をおすすめする場合

次のような場合は早めに整形外科などを受診しましょう。靱帯が断裂していたり、骨折している可能性があります。

  • 腫れがひどく、歩けないほど痛い場合
  • 関節がグラグラして不安定な場合
  • 安静に過ごして1~2週間経過しても痛みが治まらない場合

セルフケアできる場合

靱帯が傷むレベルまで重くなければ、セルフケアできます。腫れがそれほど目立たず、痛みも我慢できる程度なら、まずは自分でケアをしながら様子をみるのもよいでしょう。ただし、靱帯の部位によっては痛みを感じにくいこともあるため、1~2週間しても痛みがあり、関節の不安定さを感じる場合などは念のため受診しましょう。

くすりで捻挫(ねんざ)の痛みと炎症を抑えるしくみ

捻挫(ねんざ)が起こり、靭帯が傷んだり周囲に炎症が起きたりすると、ブラジキニンやヒスタミンという痛みを起こす物質が作られ、感覚中枢に作用して痛みを起こします。
この時、プロスタグランジンという物質も作られ、これが炎症を起こしたり、神経終末(シナプス)に作用して痛みを増強させます。
シップ薬などに含まれるフェルビナク、インドメタシンなどの鎮痛消炎成分は、このプロスタグランジンを効果的に抑えてくれます。

くすりで捻挫(ねんざ)の痛みを抑えるしくみ

急性期は冷感シップ、慢性期は温感シップ

手当ての仕方は、急性期と慢性期で違います。捻挫(ねんざ)をした直後は、患部が炎症を起こして腫れているので、十分に冷やして血流を抑えることが必要です。炎症が治まってからは、逆に溜まった血を吸収させ固まった筋肉をほぐすために、温めて血行をよくする処置をします。

時期 急性期
(捻挫(ねんざ)後2~3日が目安)
慢性期
(捻挫(ねんざ)後4~7日が目安)
状態 捻挫(ねんざ)をした直後で、腫れや痛みの強い時期。患部が炎症を起こしています。 捻挫(ねんざ)をしてしばらくたち、やや腫れや痛みが落ち着いたころ。炎症は治まっています。
手当てのポイント 氷や冷水、冷感シップなどで冷やします。冷やすことで血管が収縮し、血液の流れがゆるやかになり、内出血や炎症を抑えることにつながります。 入浴や足浴、温感シップなどで患部を温めます。温めると血管が広がって血液の循環がよくなるため、内出血の吸収を早め、腫れがひきやすくなります。痛みをやわらげる効果もあります。
適した外用剤 成分 鎮痛消炎成分
抗炎症成分
冷感刺激成分
鎮痛消炎成分
温感刺激成分
ビタミンEなど
タイプ 冷感シップ・テープ
スプレー(応急処置に)
ゲル
温感シップ・テープ
クリーム、軟膏
(マッサージしながらすりこむ)

くすりの選び方と注意点

OTC医薬品には患部に貼るパップ剤・テープ剤や、応急処置的に痛みを抑えるスプレー剤など様々な剤形があります。また、配合成分もフェルビナク・インドメタシンといった鎮痛消炎成分やメントールなどの冷感成分、トウガラシエキスなどの温感成分などさまざまあります。上手に使い分けて早めの手当てに活用しましょう。

外用鎮痛消炎薬に含まれる成分
分類 主な成分 用途
鎮痛消炎成分 サリチル酸グリコール
インドメタシン
ケトプロフェン
フェルビナク
ジクロフェナクナトリウム など
炎症による痛みをやわらげる
冷感成分 メントール
dl-カンフル など
患部を冷やす
温感成分 トウガラシエキス(カプサイシン)
ノニル酸ワニリルアミド など
患部を温める
抗炎症成分 グリチルリチン酸 など 炎症を抑える
生薬成分 オウバク
サンシシ など
殺菌作用がある
抗炎症作用がある
ビタミンE ビタミンE 血行を改善する

以下の人は、注意が必要です。

  • 皮膚が敏感な人=かぶれやすいことがあるので注意が必要です。
  • 妊娠中の人、子ども、ぜんそくを起こしたことがある人=消炎・鎮痛成分の中には使用について注意が必要なものもあるため、購入前に薬剤師に相談しましょう。

応急処置の基本は「RICE」

捻挫(ねんざ)を起こした直後は下記のケアが基本といわれています。起こったときに慌てないよう、覚えておくと便利です。

R=REST(安静)
痛む場所を動かさず、なるべく安静に過ごしましょう。弾性包帯やテープなどで患部を固定することもあります。
I=ICE(冷やす)
氷や冷水、冷感シップなどで患部を冷やします。ただし、氷などを直接、長い時間皮膚にあてたままにしておくと、しもやけになることがあるため、必ずビニール袋などに入れた上からタオルや布などでくるんであてましょう。
C=COMPRESSION(圧迫)
腫れがひどい場合は、内出血が多いことが考えられるため、抑えるために包帯などで軽く圧迫します。ただし、長時間強く圧迫しすぎると血液循環が悪くなってしまうため、あまり強く圧迫しすぎず、数時間ごとに巻き替えましょう。
E=ELEVATION(挙上)
腫れや内出血、うっ血などを防ぐために、患部を心臓より高い位置に挙げておきます。足の場合は横になってクッションなどに足を乗せておくといいでしょう。

捻挫(ねんざ)治療の4原則

捻挫(ねんざ)対策をサポート

ロキソニンS

外用鎮痛消炎剤

パテックス

外用鎮痛消炎剤

サポーター

TOPへ