頭皮スキンケアのための正しい髪の洗い方|ミノン(MINON)

毎日の洗髪、頭皮をスキンケアする時間にしませんか? 頭皮や髪への負担を減らすちょっとした心がけをご紹介します。

シャンプー

1
シャンプー前にブラッシングをする

入浴前にブラッシングをして、髪のからまりを解き、汚れ、ほこりを軽く落とします。髪が短い人も、ブラッシングをすることでシャンプーが泡立ちやすい状態をつくります。ブラシで頭皮を叩いたりする必要はありません。

2
ぬるま湯洗いでプレ洗浄

熱すぎるお湯は頭皮の乾燥を招くので注意が必要です。洗髪のときは38℃~40℃前後で「ちょっとぬるいかな」と感じる温度がベスト。シャンプーをつける前にシャワーのみで髪の毛をプレ洗浄(予洗い)します。この段階で、髪の汚れやほこりはかなり落とせているはずです。

3
ヘアシャンプーでマッサージ洗い

ヘアシャンプーは原液を直接付けるのではなく、手のひらで軽く泡立ててから頭皮にのせましょう。ヘアシャンプーで落とすべき汚れは、髪の毛よりも「頭皮」にあります。髪全体に泡が行き届いたら、指の腹を使って頭皮全体をもみほぐすようにマッサージしましょう。ジグザグと指を動かすイメージです。決して爪を立てたり、乱暴にこすったりしないように気をつけましょう。

4
シャンプー残りがないように、しっかりすすぐ

頭皮トラブルの原因として多いのが「シャンプーのすすぎ不足」です。見た目の泡がなくなってからも、襟足から生え際にかけて指をジグザグ動かしながらしっかりすすぎましょう。

毛先から3段階でブラッシングすると傷みにくい 頭皮で皮脂がでやすい部位は特に念入りに

コンディショナー

ミノンは、毛先だけではなく、髪全体に使っていただけます。

首や背中が肌あれしやすい人は前かがみですすいだ方が◎
1
髪の水分を取ってから、全体に塗布

洗髪後、髪の水分をよく取り除き、襟足から毛先までまんべんなくコンディショナーをなじませてください。この時、頭皮についてもかまいません。

2
よく、すすぐ

放置時間を長くおく必要はありません。全体に塗布したら、洗い流してください。シャンプーの時と同様、見た目にコンディショナーがなくなってからも、襟足から生え際にかけて指をジグザグ動かしながら、しっかりすすぎましょう。

乾かし方

頭皮が濡れた状態のまま放置していると、におい・かゆみ・フケの原因になります。洗濯物を部屋干しして生乾きになったとき
嫌な臭いが発生することと同じです。頭皮の乾燥が怖いからといって、乾かさないままにしておくのはNGです。

1
よくタオルドライをしたあと、ドライヤーを使う

ドライヤーを使用する時間を短縮するためにもタオルでよく水分をとりましょう。また、お風呂上りに髪をタオルで包んだままにしておかず、なるべく早く乾かしましょう。ドライヤーは頭皮にも風を当てられるタイプを選びましょう。やけどしないよう適度に距離を離しながら、髪の毛だけでなく頭皮を乾かすイメージで風を当てましょう。

2
仕上げに冷風ドライヤーを使う

熱風ドライヤーを当てたあと、最後に冷風ドライヤーでブローしてみてください。まだ頭皮が濡れている場合は冷たく感じるはずなので、チェックしてください。仕上げの冷風ブローで、髪のツヤやまとまりもUPします。

乾かすときも指をジグザク動かして頭皮まで風をあてましょう。

よくあるご質問

q
今まで「ミノン全身シャンプー」で髪を洗っていましたが、ヘアシャンプーと何が違うんですか?

ミノン全身シャンプー(しっとり)でも頭皮まで洗っていただけますし、かゆみ・フケの予防効果もあります。
今まで通り、お使いいただいてかまいません。もちろん、どちらも低刺激性であることには変わりません。
ミノン 薬用ヘアシャンプー・薬用コンディショナーはミノン全身シャンプーよりも
頭皮まで洗いやすい泡立ち、すすぎやすさ、乾燥後の髪のまとまりといった使用感を向上させています。

q
赤ちゃんにも使えますか?

もちろん、小さなお子様と一緒にお使いいただけますが、特に赤ちゃんのために作られている商品ではありません。
赤ちゃんにはカラダと一緒に髪も洗えるミノンベビー全身シャンプーまたはミノン全身シャンプーをおすすめします。

q
カラダと髪の毛は、どちらを先に洗うべき?

髪の毛を先に洗うことをお奨めします。ミノンシリーズでお使いになる場合は
メイク落とし(メイクをしている場合) → ヘアシャンプー・コンディショナー → カラダ → 洗顔 の順番をお奨めします。

デリケートなストレス頭皮のために洗う、頭皮スキンケア